シャープ 3000人規模の希望退職者募集について、改めて感じるサラリーマンのリスク

シャープ 3000人規模の希望退職者募集について、改めて感じるサラリーマンのリスク

国内だけでなく、世界にまでその名を轟かせている
家電の大手、シャープが来年の3月までに約3000人
規模の希望退職者を募集
するようです。

一昔前であれば、シャープに就職が決まれば
一生安泰と思った人もたくさんいたはずです。

それがここ数年の経営不振で、あっという間に
崩壊してしまうわけですから、今一度、サラリー
マンであるリスクをきちんと考えておきましょう。

経営再建中のシャープは19日、来年度中に3000人規模の希望退職を募集する方針を固めた。国内従業員約2万4000人の8人に1人に当たる。主力の液晶事業やテレビ事業の不調で2015年3月期に最終赤字に転落することを受け、人員削減を含めリストラを徹底し、経営再建を急ぐ。希望退職は経営危機に陥った12年末以来、約3年ぶりで、ほぼ同規模。海外従業員も1割弱に当たる2000人超の削減を検討。国内外で、従業員の約1割に当たる5000人を減らす。

 退職金の積み増しなどで約300億円かかるとみられ、16年3月期に計上する。一方、希望退職により、賃金を16年3月期に約300億円減らす方向だ。社員の賃金カットにも踏み切り、固定費を計年約500億円減らす方針だ。

 シャープは最終赤字転落を受け、北米でのテレビ事業からの撤退などの構造改革を進める方針だ。だが、主力の液晶事業は市場価格の変動など外部の影響を受けやすく、経営の立て直し、社員削減によるコスト削減が必要と判断した。海外の人員削減はアメリカやメキシコが中心となる見通し。

 シャープは主力取引銀行のみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行に金融支援を要請。支援額を、当初の1500億円から2000億円規模に上積みしてもらう代わりに、銀行側から経営の立て直しに向け、より抜本的なリストラ策を求められていた。5月に策定する新中期経営計画では、最終年の18年3月期に1000億円超の連結営業黒字を確保する目標を盛り込む方針だ。

引用元
<シャープ>3000人規模の希望退職募集へ(毎日新聞)-Yahoo!ニュース

希望退職とは?

希望退職はリストラと同じく、会社の人員整理を
目的として行われます。

ただ、リストラと違って退職金などは上乗せして
出たりする場合が多い
です。

『会社の経営が厳しいから、希望退職者を募って
いるんだけどどうかな?今だったら退職金を
上乗せするから、考えてもらえませんか?』

という感じ。

リストラは分かりやすく言えばクビであったり、
会社が倒産したりした場合のものですから、
退職金もほとんど出ず、いきなり会社を
やめなくてはならないものなので、そういった
意味では、まだ救いがあるのかなとは思いますが、
それでもやはり、家族は不安になりますよね。

シャープの現状を簡単に言えば、銀行にお金を
借りられなければ倒産するしかない状況
まで
追い込まれているようです。

だから、銀行にお金を貸してください(1,500億)
相談しました。

すると銀行側が、

いくらシャープさんとは言え、今の会社の経営
状態ではお金を貸すことは難しいです。

会社が昔のように利益が出る状態に戻すための
具体的な計画を教えてください。

といってきたわけです。

それに対する答えが、2016年3月までに国内工場で
約3,000人の人員削減を実施し、約500億円の
経費削減を実施します
と宣言しました。

シャープもお金を借りられなければ、倒産しか
ないわけですから、どうにか経営再建するべく
方向性を見出さなくてはならなくなり、今回の
選択を選んだ
ものと思われます。

改めて問われるサラリーマンのリスク

サラリーマンのリスクについては、
何回か記事にして取り上げました。

サラリーマンは安定してない!?会社員を続けることで起こりうるリスクとは 

明日会社が潰れたら、どうやって家族を養っていきますか?

これらの記事を書いていたときは、あくまで仮定の
話として書いていましたが、今回はそれらが現実に
起きていると言うことです。

日本の大企業においても、このようなことが
起こっている、この現実をどう捉えますか?

トヨタや日産といった自動車の大手は、揃って
昨年以上の利益で、過去最高額のベア(給料の
ベースアップ)だと騒いでいますが、その一方で
新たに仕事探しを始めなければならない人々も
いるわけです。

そのなかにはもちろん、僕と同じ妻子持ちの
お父さん
もたくさんいるでしょう。

40代、子供3人、住宅ローン残の20年といった
状況で、突如仕事を失ったときの不安は計り
知れないものがあります。

少しググって見ましたが、同じような状況
(希望退職)を勧告された奥さんと思われる人が、
これからどうしたらいいのか分からない、
といった質問をしているのを見かけました。

無理もないですよね。

育ちざかりの子供を目の前にして、一家の大黒柱が
突然仕事を失うわけですから。

このことは、決して他人事ではなく、自分の身に
置き換え、きちんと考えてもらいたい一件だなと
思います。

このような事態を目の前にしてもまだ、
自分の会社は大丈夫!と言い続け、
会社に頼る生活をして行きますか?

『明日は我が身』ですよ?

まだ稼ぐ手段を持っていない人は、
とりあえず何か1つ、
自分で稼ぐ手段を身につけましょう。

それがどんな方法であれ、
手段が”ある”と”ない”とでは、
精神的ゆとりがまったく違います。

ご参考までに
↓↓↓
パチンコで1千万稼いでも幸せになれなかった物語

Pocket



あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top