明日会社が潰れたら、どうやって家族を養っていきますか?

明日会社が潰れたらどうします?家族を養って行けますか?

突然ですが、あなたが明日会社に行ったら、
会社の入口に一枚のビラが貼ってありました。

『急なお知らせで申し訳ありませんが、
弊社は〇〇の理由により倒産しました』

あまりの突然な出来事に言葉を失うと思います。

さて、明日からの生活、どうしますか?

サラリーマンであればだれでも抱えるリスク

いきなりのことでビックリしたかもしれませんが、
多くの人が

『そんなことありえない』

『うちの会社は大丈夫』

『何言ってんだこいつ?』

と思っているのではないでしょうか。

僕自身もこんな質問をいきなりされても
ピンときません。

しかし、会社という組織に属している以上、
このリスクは常に付きまとうわけで、今でも毎年
倒産している企業が後を絶ちません。

このリスクについては、似たようなことを
以前書きましたね。

『サラリーマンは安定してない!?
会社員を続けることで起こりうるリスクとは』

これらの現実と前向きに向き合うことは
非常に重要なことだと思うし、
万が一のために保険はかけておきたいものです。

妻子持ちなら、なおさらです。

リスクヘッジで身を守る

その保険をかけるといった考え方を

『リスクヘッジ』

と呼んだりするそうです。

もともとたけしさんがブログで書いていた
言葉なんですけど、意味を理解していくうちに
とても重要な考え方だと知り、今でもこの考え方を
頭の片隅に入れて行動しています。

簡単にお話をすれば

『会社がつぶれても生活できるだけの
収入減を別枠で作りましょう』

ということ。

僕もそうですが、今の我が家の生活は
収入の100%が会社からの給与で成り立っています。

これが先程書いたような会社の都合で
給与が支払えない状況に陥ったとすれば、
たちまち我が家の生活は成り立たなくなってしまいます。

極端なことを言えば、生活の一番の基盤を
会社に握られて生きているわけです。

冷静に考えれば、とても恐ろしいことですよね?

子供の養育費もあれば住宅ローンもあるので

『会社が倒産して収入源が無くなったんで
支払いを減らしてください』

とお願いしても、通用しないです(^_^;)

それどころか、銀行も取りこぼしがないように

『今すぐ返してください』

とか、言ってくるかもしれません。

そういった時、どのように対応するか?

普段から仕事一筋の人ほど、何の対応も
できなくなってしまうでしょう。

40歳を過ぎていれば、再就職の道も険しいだろうし
就職できても収入は激減です。

家庭を持たれている方は、これを機会に
少し考えてみてもいいのではないかと思います。

今すぐどうこうできる問題ではないと思いますが、
そういったことを常日頃から頭の片隅に入れて
行動するか否かで、いざ、その局面が現実に
起きた時の対応に違いが出てくると思います。

サラリーマンであれば、理想は副業で
別の収入減を確立すること
でしょうね。

僕も最初はそこから始めました。

景気の良し悪しに一喜一憂する前に
自分の力で道を切り開いた方が
精神的にも楽だとは思うのですが
いかがでしょうか。

Pocket



多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!

サラリーマンのお小遣い稼ぎ


ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

4 Responses to “明日会社が潰れたら、どうやって家族を養っていきますか?”

  1. たー坊 より:

    こんばんは~(^-^)

    リスク管理は兼業、専業共に大事ですね。

    僕は働きながらスロに仕入れにブログに動けてるさんぱぱさんはスゴイと思ってます✩

    • さんパパ より:

      >たー坊さん

      こんにちは(^^)

      全然すごくないですよ(^^;
      みんな中途半端な行動ばかりで、自分でも困ってるくらいですから(笑)

      リスク管理はなかなかできないですよね。
      とても大切だと思うし、身の回りの人には仕事以外の収入源を作った方がいいと伝えてるんですけど、実行する人はいないです(^_^;)

  2. パピー より:

    お疲れ様ですパピーです(^◇^)

    会社は一人より会社自体を守りますし
    年金の事もそうですよね
    まさか自分の時にまともに貰えるなんて神話は
    もう気づかないと駄目ですよね(^◇^)
    (もしかしたらきちんと貰えるかもしれませんが)

    なにがあってもいいように

    保険に保険に保険をかける行動しなければなりませんよね

    いつも生意気ですみません

    素晴らしいブログまた学びに来させて頂きます(^◇^)

    • さんパパ より:

      >パピーさん

      おっしゃる通り、会社も国も、たったひとつの家庭なんて守ってくれないですよね。。

      年金も払ってはいますが、期待値は低いでしょうし(笑)

      それよりも若くて(もうギリギリですが( ̄▽ ̄;))動けるうちに、年金などに頼らない生活基盤を作ることに力を注いだ方が、色々な意味で安心できると思います。

      パピーさんの理論は僕のなかにガンガン響いてくるので、これからも色々教えてください(*^^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top