サラリーマンは安定してない!?会社員を続けることで起こりうるリスクとは 

最近毎日パソコンに向かっている姿を見て
嫁さんが何を毎日やってるの?って
聞いてきました。

かれこれ半年くらいパソコン作業しているのに、
何をしているのかすら理解されていないなんて(涙)

仕事やめるために頑張ってるんだよ!
って色々と細かく説明したら、

ふーん。

でもサラリーマンの方が毎月給料もらえるし、
安定してていいじゃん。

土日休みだし今のままでもいいじゃん

って答えが返ってきました。

確かにサラリーマンであれば
毎月固定給として一定の給与をもらえるし、
生活の基盤としては安定すると思います。

しかし本当にそうでしょうか?

いくら収入が安定していて
毎月の給与が保証されていたとしても、
あなたが定年を迎えるまで
今の会社があるといった保証はないですよね?

他にも今の職場や通勤等の勤務条件を考えても、
今の状態を維持しながら
一生働いていける保証もないはずです。

以前お話ししたように、
僕の父親は定年を前にして
地方を転々とする日々を強いられています。

転勤で済めばいいですけど、
50を過ぎてからリストラにあったら
どうしましょう?

数百万あった年収が一気にゼロです。

ちょっと考えただけでも
怖くなりますよね。

普段仕事をしている中で、
そんなことまで考えているサラリーマンは
少ないと思います。

仮にそこまで考えていたとしても
自分には関係ないからとか言って
現実から目を背けてしまっている人が大半でしょう。

僕もそういったタイプでした。

もちろんそれでもいいとは思いますが、
サラリーマンである以上
定年まで働けないリスクを抱えている
という事実は
頭の片隅に入れておくべきです。

『俺は大企業に入ったから一生安泰だ』

という時代はもう終わりました。

それよりも今の生活をしながら次のビジネスチャンスをものにする行動を心がけることが、本当の意味で人生におけるリスク回避の手段だと思います。

自分の人生の幅を広げるといった意味でも人の言うことには耳を傾けた方がいいと思うし、結婚をして子供を育てながらの立場で話をすれば

新しいことにチャレンジする時期は学生時代、もしくは独身時代に限る

ということを痛感しています。

今年の年初から本格的にブログを書いていますが、いまだにブログの工事すらままならないのが現状です。

今のペースで行ったら独立なんて夢のまた夢だし、とにかく自分の道を進みたいのであれば時間を投資する以外道はないということを身を持って体感しています。

どんな職業であってもかならず大小のリスクは付きまとうし、そういったリスクを回避するという意味でも、早いうちから人生の選択について考えるにこしたことはないと思うし、人生の中盤を迎えている方も、これからの生活の基盤をより安定させるためにも『サラリーマンであるリスク』を認識しておきたいものですね。

Pocket



あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top