パチスロで勝つ世界へ 足を踏み入れよう!

パチスロですぐに勝つなら、この教材だけで十分です!

こんにちは、さんぱぱです(^^)

いきなりですが、

パチスロで負けるのをそろそろやめに
しませんか?

給料、年金、お小遣い・・・。

まとまったお金が手に入ればすぐにホールに
走り、ほんの数時間で財布の中身が空っぽに
なった時の絶望感。

そのお金を得るために我慢して働いてきた
あなたはきっと、こう思うはずです。

もうパチスロはやめる!

しかし、その決心も3日後には薄れ始め、
2週間も立つ頃には次の給料日まであと
10日
とカウントダウンを始めます。

そしてまた、1ヶ月分の苦労が一瞬でお店に
回収され、再び同じことを繰り返す日々が
始まります。

もう一度言います。

パチスロなんかで負けるのをそろそろ
やめにしませんか?

ギャンブル一家で育った幼少時代

僕は家庭環境の影響で、幼稚園の頃から
パチンコホールで育ちました。

別に両親がパチンコホールを経営していた
わけではなく、ただ、客として毎日通って
いただけです。

当時は大人5人、子供3人の8人家族でしたが、
母親以外の大人4人は全員、パチンコや競輪を
やるギャンブル一家でした。

当然のことながら金銭的に苦しい環境で育ち、
中学生になるまで、くみ取り式トイレの借家
暮らしで、枕元ではネズミが飛び跳ねていた
こともありました。

父親は普通のサラリーマンで、母親とは職場
結婚でした。

結婚後、僕を含め3人の子宝に恵まれましたが、
若くして結婚した父に、家族を支えるだけの
収入がなかったことから、母親は正社員として
仕事を続けていました。

そのため平日は家に帰っても誰もいないので、
祖母が毎日通っていたパチンコホールに、
ランドセルを背負ったまま帰ります。

もちろん学校の友達にはバレたくなかったので、
途中までは一緒に帰り、別れた後、誰にも気づ
かれないようにお店に向かっていました。

お店に着くと、コインロッカーにランドセルを
置き、近くにあるゲーセンで遊んだり、近くの
滑り台しかない公園に行ったり、駐車場のイス
で昼寝をしたりして、夕方まで時間を潰し、
17時ごろに祖母と帰宅するといった生活を毎日
繰り返していました。

そのような家庭環境で育ったわけですから、
気がつけば中学生の頃には、1人でパチンコや
スロットを打つようになりました。

もちろんお金なんて持っていなかったので、父親や
祖父母の玉を借りて隣で打ち、出たらそれを換金
して自分の小遣いにあてるわけです。

しかし、パチンコのノウハウも知らず、その時の
運に身を任せたパチンコで日常的に勝つのは稀で、
基本的にはお金のやりくりに苦しみ、中学を卒業
するころには、スロットを打つお金が欲しいと思う
ギャンブル依存症に陥っていました。

高校生になると友人の勧めで部活を始め、一度は
スロットをやめることができました。

しかしそれもつかの間。

一度ギャンブル依存症になった人間が、そう簡単に
通常の生活に戻ることはできず、僕はコソコソ
パチスロを打ち続けていました。

そしてひたすら負けました。

時には母親の財布から勝手にお金を借り、時には
妹の貯金箱をぶっ壊して郵便局でお札に変えたこと
もあります。

特に部活を引退した高校3年の夏休み以降は
友人と遊んだ記憶がほとんどないくらい、
パチスロのことばかりを考えていました。

大学生になると自分の自由な時間がたくさん
できました。

中学、高校と部活をやっていたことで、
僕は自分の自由な時間を失いました。

そのため大学では絶対に部活やサークルに
入らないと決めていました。

周りからの誘いをすべて拒絶した僕は、
ひたすらパチスロと向き合ったのです。

(その後パチスロサークルを立ち上げようと
教授に相談したのですが、もちろん却下)

しかしそれでも結果につながることはなく、
毎日学校に行き、帰りにパチンコホールに
寄って帰るだけの日々が続きます。

もちろんアルバイトをする時間もありました。

しかし、この頃の僕には変なプライドがあり、
このままパチスロで負けている状態でバイトを
することは恥ずかしい、といった気持ちが心の
中にあったのです。

そのため、どうしてもバイトをすることが出来ず、
結局、お金のないまま、大学1年の夏休みを過ごし
てしまいます。

そして、大学1年の夏休みをドブに捨てた僕は、
ある決断をします。

アルバイトをしてお金を貯め、その軍資金で
出直そう!

そう心に決めた僕は、ある時からバイトの
求人を毎週のように見つめました。

ですが、行動に起こせません。

時給が安い、職場が遠い、朝が早い・・・

そんなありきたりな言い訳をし、すぐさま
1ヶ月が過ぎようとしていたある日・・・。

大学の講義をサボって朝からパチスロを打ちに
行くと、朝一で座った台が出るわ出るわの大爆発。

その日だけで30万円程の大勝ちをしたのです。

もちろんこんな経験は、パチスロをやっていて
初めての経験です。

僕は怖くなり、おじいちゃんにお店まで
迎えに来てもらいました。

そして家に帰るなり、そのお金をタンスの
奥深くにしまい、考えこみました。

たった1000円であれだけ出ることがあるなら、
同じような台にいつも座れば、いつも勝てるん
じゃないの?

この瞬間こそ、僕がパチスロで勝つようになった
原点です。

自分で立ち回りというものを考え、実行し、反省
して修正する。

それを繰り返すことで、僕の立ち回りの精度は
大きく向上し、一時代を築くまでに至りました。

好きな台を打つのではなく、出る台を
打とう。

そう心に決めた僕は、次の日からホールに
入り浸り、ひたすら台の観察を続けました。

  • どういった台を打てばお金を使わずに出るのか
  • 出てる台と出てない台の違いは何か
  • いつも出している人は何を打っているのか
  • 朝一に並ぶ人はどんな台に座るのか

それらを徹底的に分析し、ノートにメモしました。

多少負けても気にすることなく、とにかく出る台を
ひたすら探します。

そんなことを続けているうちに、それまで負けて
ばかりだったパチスロの収支が、みるみる向上
していきました。

そして大学1年の11月。

初めてパチスロの収支を1ヶ月間書き続け、
見事に20万円程のプラス収支を上げることに
成功しました。

それから約3年もの間、僕は一度も月単位で
負けることなく、約2,000万円という収支を
残すことができました。

手に入れた自由な生活

kE11fiLVe74g2JX1435387488_1435387510

パチスロで勝ち始めると生活が一変します。

  • 好きなものが買える(車・複・ゲーム)
  • いつでも旅行に行ける
  • お金の悩みが無くなる
  • 彼女に最高のプレゼントを用意できる
  • 全国のパチンコ店が銀行になる

なんといってもお金に関するストレスがすべて
なくなるので、好きな時に好きなものが買えます。

お金が無くなっても、増やせばいいだけなので、
ゲームセンターのメダルゲームみたいな感覚です。

お金減ったから増やしに行こう、そう言って
いつもホールに足を運んでいました。

また、もう一つの利点として、パチンコホールは
全国すべてに存在しているため、どこにいても
勝つことができるのです。

たとえば、僕は大学生の頃、沖縄に2回、北海道
に1回、長期旅行をしたのですが、その際の旅費
は現地で回収してきました。

本場の沖スロを堪能したうえ、お金まで増えて
しまうわけだから、こんな素晴らしいことは
ないよね!

そう笑いながら、夕日の沈む沖縄のビーチで
友人と語り合ったのはいい思い出です。

勝ち組を目指す人のためのスロットカレッジ

パチスロで勝つための情報はネット上にたくさん
転がっていますが、初心者がそれらの情報を整理
しながら学んでいくのは、かなり難しいことです。

いくら頑張って完ぺきな立ち回りを勉強しても
100%結果が出るものでもありません。

結果が出なければ、自らの立ち回りを不安に思い、
本来取るべき行動から外れ、結果としてお金に
ならない台ばかりを永遠と打ち続けてしまいます。

その結果、負けることが自分の中で当たり前の
状態になり、勝つことを諦めるようになります。

こうなったら最後、よほどのきっかけがない限り
自力で勝つ上がることは不可能
です。

僕がパチスロで勝てない人におすすめする
スロットカレッジでは、パチスロで稼ぐための
基礎を初歩の初歩から、動画や文章を使って
細かく説明しています。

僕が負けていた頃、この教材があればもっと
早く勝ち組にはい上がれたと思うほどです。

【この教材で得られるもの】

  • パチスロで勝つことが理解できます。
  • 本当の期待値の意味が理解できます。
  • お小遣いが増えるようになります。
  • 家族に後ろめたい気持ちがなくなります。
  • 社会に通用する価値観が身に着きます。
  • 全国のスロプロと知り合いになれます。
  • ネットビジネスで活躍する方と知り合いになれます。

正直、パチスロで勝つということは、おまけ
みたいなもの
です。

文章コンテンツは1~72までのテーマに分かれて
いて、初心者が1から学びやすい構成になって
います。

分かりにくいところは動画で補足説明があり、
スマホからでも閲覧が可能です。

そして一番の魅了な特典が、グループチャット
によるコミュニティ参加ですね!

ここでは全国にいるパチスロの猛者たちから
直接、話が聞ける
といった、普通なら絶対に
ありえない特典がついてきます。

同じコミュニティに所属している人であれば、
誰でもコンタクトを取ることができるので、
ここに入るだけでも、十分価値はあります。

y6cY16VNW_xZCyP1435389950_1435389974

aWvq3JmMbqsVxls1435389994_1435390016

上の画像は僕が初心者さんの質問に答えている
画像ですが、このようにパチスロで数千万~億
単位で稼いでいる人たちと、知り合いになる
ことができます。

教科書通りに立ち回っているのに結果が出ない。
自分のやり方が悪いんじゃないか。

そう思う初心者の人はもの凄く多いです。

そんな時、この掲示板を使って質問をぶつければ
100%納得できる答えが返ってきます。

もっと言えば、自分の立ち回ったデータをメモし
それを公開して立ち回りを評価してもらことも
できます。

そうやって自分より上の域で活動している人と
同じ環境に身を置くことで、普通に学ぶ人とは
圧倒的なスピードの差で成長することができる
ようになります。

どんな分野でも結果を出す人は、この行動が
とにかく早いです。

何事もその分野のトップクラスの人から情報を
聞きだし、真似する(盗む)ことが最も単純で、
100%成功する方法だと知っているからです。

さらに今ならスカイプ(ネット上でのテレビ電話)
コンサルが1時間無料でついてくるので、自分の
好きなタイミングでパチスロに関することはもち
ろん、それ以外の疑問点でも直接、話しをして
聞くことができますので、色々と聞いてみてくだ
さい。

それだけでも今まで自分が持っていた価値観から、
大きな変化を感じられるようになります。

最後に・・・

今はパチスロで勝つことを目標にしていても、
いずれその先を見据えることになります。

なぜなら、スロプロという職業は存在しないため
どこまでいっても世間では無職というレッテルを
貼られてしまう
ためです。

たとえ貯金が1億あっても、アパートすらまともに
借りられない
状態になります。

その状態で生活していると、周囲の友達
からは白い目で見られ、結婚も出来ず、
人生がただ、パチスロ打つだけでどんどん
過ぎ去ってしまいます。

来る日も来る日も、誰とも話さず、ただ
目の前の機会と見つめあうだけの日々。

僕はその悲惨さを知っています。

だからこそ、パチスロで勝ちたいと思って
いる人に対しては、その先を見据えながら
パチスロを学んで行って欲しいのです。

パチスロで勝つことを通過点として、
その先の世界まで見据えるためには
今の段階から人脈を広げることに力を
入れることは、決して無駄にはなりま
せん。

人脈こそが最大の財産です。

一緒に頑張りましょう!



PS.

毎日毎日お金のことを考えるのって疲れませんか?

財布の中身をいつも気にして、100円の缶ジュース
を我慢するのはつらくないですか?

人生は一度きりです。

やりたいことをやりきれずに人生を終えても平気
ですか?

今の生活を、白髪になるまで続けたいですか?

パチスロで負けている人はお金の使い方が下手
です。

たとえばですが、あなたの毎月のお小遣いが
3万円だとして、そのうち、1万円は会社の
昼食代や付き合いのため残しておかなければ
ならず、残りの2万円は自由に使えたとしま
しょう。

パチスロが好きなあなたは、毎月給料日になると
自由に使える2万円を持ってホールに向かい、
数日間で失います。

たまに勝つことがあっても、再びホールに足を
向けるので、結局はなくなります。

そして次の給料日を待ちわび、同じことを繰り
返します。

2ヶ月繰り返せば4万円
3ヶ月繰り返せば6万円
1年間繰り返せば24万円
10年間繰り返せば240万円

これだけのお金を失います。

さらに悲惨なのは、この生活を繰り返して
いるうちに、いつか必ず2万円では足りない
と思うようになります。

すると、まず最初に残りの1万円に手をつけ、
会社での昼食を抜いたりします。

同僚に飯に行かない?と誘われても、

腹減ってないから、
最近ダイエットしてるから

などと嘘をつきます。

次に手を出すのが自宅の引き出しや貯金箱、
生活費からこっそりお金を抜いていきます。

この辺りまでは自分の心の中でも、
申し訳ないという罪悪感が残っています。

そしていよいよ自宅にあるお金が無くなると
銀行の講座から家族の貯金をおろしはじめます。

最初は抵抗があったものの、一度おろしたが
最後、2回目以降は罪悪感が無くなり、お金を
おろすことに抵抗が無くなります。

人によっては保険を解約したり、消費者金融
からお金を借りる人もいます。

ここまで行ってしまったら、どうすることも
できません。

家族にばれるのも時間の問題で、あとはどこで
首が回らなくなるかを待つだけです。

僕は実際にそういう人を知っています。

その人は息子が中学生になったときに
離婚しました。

奥さんが泣きながら、僕に話してきました。

パチスロで負けているという事実だけで、人生が
狂ってしまった人はたくさんいるのです。

もし、そういった人生を歩みたくないのであれば、
一度、これからのことを本気で考えるべきです。

まず最初にやるべきことは、数か月間我慢して
お金を貯めることです。

先ほどの話しであれば、1ヶ月我慢すれば2万円
貯まります。

2ヶ月で4万円、3ヶ月で6万円です。

いつかは負けてお店に回収されてしまうお金で
あるのであれば、そのお金をパチスロに使わず
自分に投資するわけです。

パチスロで負けている人の多くはこの
投資感覚が絶望的に下手です。

そんなの詐欺だ。
勝てるわけない。

その一言で片づけてしまいます。

それなのに・・・

お金があればパチスロを打ちに行くわけです。

今日は勝てる!

と根拠のない気合だけを入れて・・・。

笑っちゃいますよね。

僕から言わせればパチンコホールの信者なの?
って話です。

せっせと汗水たらして働いたお金を一瞬で
パチンコホールに還元するわけですから。

そう言われてもおかしくないですよね?

このまま負け続ければ、ひたすらお金を貢ぐ
だけのカモになるだけです。

あなたはもちろん、あなたの周りにいる
すべての人が不幸になります。

だからパチンコ依存症などという言葉があり、
そのような人たちを立ち直らせるための
カウンセラーがいたりするわけです。

それくらいパチスロで負けることに慣れる
ということは、怖いことです。

あなたがもし今、苦しい状況にいて知識や資金が
なかったとしても、絶対にあきらめないで下さい。

長い人生のうちのたった数か月だけ、本気で
頑張ってみませんか?

お金を自由に使える日々を満喫しながら、

あの時頑張って良かった!

そうやって、笑える日が必ず来ます。

グループチャットでお会いできることを
楽しみにしています(*^_^*)


Pocket



  • パチスロ副業講座 仕事帰りにどこでも稼げる副業です♪
  • パチスロ用語集 分からない単語はここで解決!
  • パチンコ体験談はこちらから!
  • パチスロで確実に勝ちたいなら、こちらをどうぞ
  • あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



    ブログの記事が役に立ったら
    1日1回ポチット応援お願いします^^
    ↓↓↓
    にほんブログ村 小遣いブログへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    Top