パチスロ稼働データの取り方

バジリスク

ハイエナで台数をこなしていくと、データをまとめるのも大変ですよね。

2,3台であれば楽なんですが、終日稼働で10台を超えてくるといい加減になりがちです。

今まで稼働データを取った事がない人にしてみれば

『いきなりデータをとれと言われても、よく分からない。どうやってデータを取ればいいの?』

って思ったりすることもあると思うので、今日はその部分について書いてみます。

まずは僕のデータの取り方をそのまま載せます。

AKB#205#230#100#872#1115#1250

左から順番に

機種名#当日回転数#宵越し回転数#投資#回収#打ち初めの時間#終了時刻

僕がメモしているのはこれだけですね。

今はこのデータをもとに自分の打った台を確認する作業もしてないですが、負けが続いたときなど、自分の立ち回りを見直す場合に使ったりしてました。

数字の間隔を『#』で挟んであるのは、それが一番最初に出てくる記号だからです。

もし、この記号がなければ

『AKB20523010087211151250』

と、なってしまい訳が分からないですよね。

要はデータの区切りが分かるようであれば、スペースでも何でもいいってことです。

これをその日打った順番通りに、スマホのメモ帳に記入していくだけですね。

『え、たったそれだけ?』

って思うかもしれませんが、この作業を毎回毎回きちんと行っている人って、なかなかいないはずです。

メダルを1枚単位まで管理したりするのって、結構手間ですからね。

それでもこういったデータを蓄積できれば自分の立ち回りがどうなのかをきちんと把握することが出来るし、それ以上にムダ打ちが少なくなると思います。

僕がこうやってデータを取り始めた一番の目的は

『稼働中に自分の軸がぶれないようにする』

ためだったんですよね。

誰でも負債が増えてくれば熱くなるだろうし、時には感情的に台選びをしたことも数知れず。

結果として勝ったこともあるけれど、決してほめられた立ち回りではないし、玉砕覚悟の立ち回りは破産へまっしぐらです。

この感情を抑えるために、面倒だけど台ごとの稼働データを残していたわけです。

『余りメダルでジャグラーでも打とうかな』

って思ったりしたときに

『この積み重ねが年間収支に大きな影響を与える』

って考えれば、自制心が働いたりすることもありますからね。

負けてる人はこれが出来ずに苦労する人が大半ですので。

データをメモするポイントは

『必要な情報を簡潔に書くこと』

ですね。

パチンコみたいに出玉の計測をする必要もないし、数字さえ間違っていなければ問題ないです。

ちゃちゃっと終わらせて、次の遊技台を探しましょう(^^)

Pocket



  • パチスロ副業講座 仕事帰りにどこでも稼げる副業です♪
  • パチスロ用語集 分からない単語はここで解決!
  • パチンコ体験談はこちらから!
  • パチスロで確実に勝ちたいなら、こちらをどうぞ
  • あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



    ブログの記事が役に立ったら
    1日1回ポチット応援お願いします^^
    ↓↓↓
    にほんブログ村 小遣いブログへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    Top