日本ダービー(東京優駿) 2014 結果・回顧

日本ダービー(東京優駿) 2014 G1 レース結果

東京 10R 芝左2400m 発走時間 15:40

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 単オッズ 単人気
1 2 ワンアンドオンリー 牡3 57 横山典 (3) 5.6
2 13 イスラボニータ 牡3 57 蛯名 (1) 2.7
3 3 マイネルフロスト 牡3 57 松岡 (12) 108
4 14 タガノグランパ 牡3 57 菱田 (16) 230.3
5 5 トゥザワールド 牡3 57 川田 (2) 3.9
6 6 ショウナンラグーン 牡3 57 吉田豊 (9) 32
7 4 アドマイヤデウス 牡3 57 岩田 (10) 66.8
8 10 ベルキャニオン 牡3 57 戸崎圭 (6) 18.5
9 8 スズカデヴィアス 牡3 57 酒井 (15) 204.7
10 18 ワールドインパクト 牡3 57 内田博 (8) 23.2
11 1 サウンズオブアース 牡3 57 浜中 (11) 77.2
12 16 レッドリヴェール 牝3 55 福永 (4) 8.5
13 11 ハギノハイブリッド 牡3 57 ウィリアム (7) 20.7
14 15 サトノルパン 牡3 57 小牧 (14) 148.7
15 9 アズマシャトル 牡3 57 松山 (17) 270.4
16 17 トーセンスターダム 牡3 57 武豊 (5) 11
00 12 エキマエ 牡3 57 江田照 (13) 117
00 7 ウインフルブルーム 牡3 57 柴田大 – –


【本命馬成績】
◎05 トゥザワールド 5着 収支-1000 回収率0%

橋口調教師が定年を目前にして、悲願のダービー制覇!!

毎年毎年、全身が身震いするようなドラマが本当に起こりますね。

最後までしっかりとレースを振り返ろうと思います。

1着ワンアンドオンリー
スタート直後から積極的に押していく競馬で好位の内を追走。最終予想で書いた通りこのレーンを通る馬が勝つと思っていただけど、ワンアンドオンリーは後方の追走だと思ってしまった時点でアウトだったかな。
横山騎手が馬の能力を最大限に引き出した形になったと思うし、後方から大外ではまず届かなかったでしょう。予想で書いた通りこのレーンを通るか、外を通るかで最後のゴール前の着差に影響が出たという点では、予想通りだったし、来年以降もこのファクターは重要視したほうがいいと思います。

2着イスラボニータ
予想以上に前に行ったのは少し驚きましたが、スタート直後は口を割っていたし、結果的には外枠が仇となって最後まで外を通らされたのが全てだったように思います。エキマエが故障し、トーセンスターダムまでも斜行して早めにはじき出されたことも痛かったですね。直線ではワンアンドオンリーの手ごたえを確認してから追い出していたし、内容自体は文句ない競馬だったと思います。しかし結果がすべてのダービーですから蛯名騎手にとっては悔やんでも悔やみきれないダービーとなったように思います。イスラボニータについては、ダービーであのポジションからあれだけの競馬をしたわけですから、この世代で能力が抜けていること改めて証明されたと思います。

3着マイネルフロスト
この馬も当たり前のように内を突いてきた一頭。最初から最後まで最短距離を追走していたし、あれで勝てなかったのは地力の差。展開の利を最大限に受けていた馬だと思うし、これで次回以降人気になるのであれば消していい馬だと思います。

4着タガノグランパ
真っ先に消した馬だったんですけど、外追走であれだけの競馬をするとは驚きました。確か菱田騎手ってダービー初騎乗だったと思うし、重賞も勝ってなかった気がします。それでもこの舞台であれだけ堂々としたレースが出来るのであればこの先楽しみな騎手ですね。直線では隣の馬を見る余裕もあったし、一枠なんかに入っていたらまさかの展開もあり得たんじゃないかなって思うくらい強い内容だったと思います。リーディングも10位だし、これから注目していきたい騎手の一人が見つかった感じです。

5着トゥザワールド
なんというか。内に入らなきゃ負けますよって言っていたのに内に入る気なんか全くなく、1コーナーで外を追走した時点で負けたなって思いました。スタート直後アドマイヤデウスの前が綺麗に空いたんですよね。それにもかかわらずそのポジションを取りにいかない時点で『この人はダービーの勝ち方を知らないな』って思いました。全てが上手くいかなければ勝てないダービーで遠慮なんかしてたら勝てないですよ。この馬の持ち味は先行してなんぼのはずなのに、どうしてここに来て後方待機の作戦をとったんでしょうか。Cコースに代わって内が伸びるのは分かっていたはずだし、あの枠ですんなり内から先行できると思ったから本命にしたのに。これ以上書くと愚痴になるんでもう書きませんが、横山騎手と正反対の騎乗をして皐月賞より着順を落としたんであれば、これは騎手のせいと言われても仕方ないと思うんですが。

12着レッドリヴェール
完ぺきに予想通りに乗った福永騎手。無難に中団外目から終始外を追走して、4コーナーでも大外を回す競馬。ここ一番で思い切った騎乗をできないのではダービー制覇は難しいでしょうね。馬の力もそこまで信用できないものだったし、それよりなにより桜花賞は戸崎騎手が中段に控えたことに須貝調教師が腹を立てたような記事を見かけたんですが、今日はそれよりも後方に待機するとは。たぶんまたかんかんなんじゃないかな(笑)。やはり牡馬との差は大きかったし、ここ一番で騎手を変えたのはマイナスでしたね。

16着トーセンスターダム
ダービーの勝ち方を知っている武豊騎手らしい思い切った騎乗で、一目散に内を目指していきましたね。内を通れるのであれば逃げてもいいって感じの騎乗で、結果的には負けましたがまだまだ大舞台では信頼できる騎手の一人だと思います。直線急に斜行したのはなんだったのか分かりませんが、先が楽しみな馬だけに怪我がなければと思います。

今年はウインフルブルームの出走取り消しからエキマエの競走中止、そしてトーセンスターダムの斜向と色々なことが起きたダービーでしたが、最後はドラマのあるレースとなりました。

また明日から、来年のダービーを見据えた戦いが始まりますが、首を長くして待ちたいものです。


2014年 競馬予想結果
単勝投資 53000 回収 63600 収支 10600 回収率 120.0 的中率 18.9

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top