ジャパンカップ 2014 単勝・複勝予想 枠順確定!各馬の個人的見解

ジャパンラップの枠順が確定しましたね!

今年のジャパンカップは近年まれにみる超豪華メンバーが勢ぞろいしました!(言い過ぎ?(笑))

G1馬が実に12頭!!

競馬ファンとしては今からわくわくしちゃいますよね(*^_^*)

そんなわけで、ちょっと気が早いけど、各馬について個人的な見解を書いてみたいと思います(^^)

ジャパンカップ 2014 G1
東京 11R 芝左2400m 発走時間 15:55

ジャパンカップ 2014 出走馬

1 ジャスタウェイ 牡5 57 福永
2 アイヴァンホウ 牡4 57 ミナリク
3 ジェンティルドンナ 牝5 55 ムーア
4 エピファネイア 牡4 57 スミヨン
5 ヒットザターゲット 牡6 57 武豊
6 ハープスター 牝3 53 川田
7 アップウィズザバーズ 牡4 57 ダシルヴ
8 デニムアンドルビー 牝4 55 浜中
9 イスラボニータ 牡3 55 蛯名
10 ワンアンドオンリー 牡3 55 横山典
11 トーセンジョーダン 牡8 57 ブドー
12 タマモベストプレイ 牡4 57 津村
13 ディサイファ 牡5 57 ブノワ
14 サトノシュレン 牡6 57 川島
15 スピルバーグ 牡5 57 北村宏
16 フェノーメノ 牡5 57 岩田
17 アンコイルド 牡5 57 戸崎圭
18 トレーディングレザー 牡4 57 マニング

01 ジャスタウェイ
昨年の天皇賞秋以降、一気に頂点まで駆け上がった馬だけど、長距離実績が無いのは大きな不安要素。

凱旋門賞では最後まで内を走っていたにもかかわらず、最後の伸び脚はイマイチだったしね。

そういった意味ではこの枠順は最短距離を走れるわけで、大きなプラスだと思います。

ただ、問題は福永騎手がどう乗るか。

基本的には後ろから行って差す馬だから、思い切った先行策ができるかがカギを握るんじゃないかな。

個人的には過剰人気になりそうだし、軽視の方向です。

03 ジェンティルドンナ
前走は内々を走っての2着。

正直、ここでは消しの方向で考えていたんだけど、この枠順を見て一気に本命候補になりました。

東京コースは5戦3勝、2着2回と絶好の舞台。

前走後はあまり評価していなかったけど、よくよく考えれば休み明けであのパフォーマンスだし、今年惨敗した2戦も決して力負けではなかったわけです。

ローテーションも昨年と一緒で、あきらかにジャパンカップ3連覇を狙ってるなーっていうのが伝わってきますしね。

単勝4,5倍つけば本命にしてもいいかなって思います。

04 エピファネイア
前走は終始掛かりっぱなしで、相変わらず気性の荒さをモロに出した内容でした。

福永騎手がずっと手綱を引きっぱなしでしたからね(^^ゞ

それでも最後は追いこんできていたし、あの内容であの見せ場なら上々じゃないかなと思います。

距離に関しても菊花賞馬で問題ないし、東京2400mもダービーで好走しているし問題なし。

福永騎手から世界のスミヨン騎手への乗り替り。

全ては折り合い次第だけど、一発ありそうなにおいがプンプンするのは僕だけでしょうか。

06 ハープスター
この馬が一番人気かな?

正直、どんどん人気を吸ってくれって思ってます(笑)

直線での末脚は確かに本物だし、怖い部分はあるんだけど、それを差し引いても今回はマイナス要素の方がはるかに多いです。

一番、疑問に思うのはローテーション。

3歳の牝馬がこの夏、栗東から札幌に行って、さらに世界最高峰の凱旋門賞を戦って、日本に戻って日本一決定戦に挑むわけですよね。

これだけ酷使した使い方をして、本当に勝てるの?ってこと。

オルフェ―ブルですら結果として負けたわけですから、これで勝ったら競馬の歴史がひっくり返るんじゃないかな(^^ゞ

もちろん勝つだけのポテンシャルを秘めた馬だとは思うけど、虎視眈々と国内戦を一叩きしてここに標準を合わせた先輩馬たちに勝ち切れるかと言えば・・・。

個人的には厳しいと言わざるを得ないのが本音です。

09 イスラボニータ
この馬は本当に枠順の運がないね(笑)

内に潜り込めるギリギリの枠だけど、最内を通ろうとすれば、結構前目のポジションになりそう。

そうなれば目標にされてしまうし、ダービーや天皇賞の時みたいに、早めに先頭で最後交わされるってパターンが想像できちゃいます。

僕は世代No.1の馬だと思ってるから、ここでも好走するだろうなって思ってるけど、勝ちきれるか?と言われれば、何とも微妙なところ。

勝つためには展開の利が必要かなって気もするし、少なくともジェンティルドンナより外枠を引いちゃったのは痛いと思います。

10 ワンアンドオンリー
この枠を引いたってことは後方から行くかな?

だとすればハープスターに飲み込まれるだろうし、出していけば序盤に足を使って終いが甘くなるし。

今回は厳しいんじゃないですかね。

そもそもダービーは横山騎手、会心の好騎乗のおかげであって、枠順が変わればイスラボニータとの着順は入れ替わっていたと考えるのが妥当。

ダービー馬ではあるけど、ずば抜けた世代No.1ではないわけで、過去の称号だけで人気になるようならバッサリ消しでいいと思います。

15 スピルバーグ
今年初のG1を取らせてもらった馬で、ここでも一発!と期待したい馬なんだけど、前走は全てが上手くいっての結果でしたからね。

ジェンティルドンナとイスラボニータが内を突いたのに対し、この馬は大外一気のごぼう抜きで、ものすごく強そうには見えるんだけど、今回は近くにハープスターがいるからね。

おそらく後方からの競馬をすると思うけど、ハープスターより後ろで競馬をしたら差し切るのは難しいんじゃないかな。

それでも開花した能力に未知の才能を感じる部分もあるから、人気次第では本命にしてもいいかなって思います。

16 フェノーメノ
前走は休み明けで、大惨敗。

今回も外枠を引いちゃったし、ちょっと厳しいと言わざるを得ない感じ。

一変したとしても、掲示板までが限界かな。

ってことで、簡単に有力馬の見解を書いてみました。

最終的にはオッズ次第で本命馬を絞り込んでいこうと思うけど、だいたいはもう決まってます(^^)

ちなみに外国馬について触れなかったのはよく分からないから(笑)

一つ言えるのは、日本の馬が海外で苦戦するように、外国の馬も日本では苦戦する傾向にあります。

よっぽど力の抜けた馬なら別ですけど、今回来日する馬の戦績を見ると、勝ったり負けたりと、お世辞にも最強馬とは言いにくい。

そんな馬たちが日本の最強馬と日本で真っ向勝負して勝てるのかな?て思うんですよね。

やってみなければわからないけど、冒頭で書いた通り、今年は近年まれにいるハイレベルなジャパンカップ。

日本馬としても海外から来た馬にあっさりやられるわけにはいかないと思うし、そうはならないと思っています。

ってことで、「外国馬が勝つことは無いだろうと」いうのが外国場に対する見解(笑)

最後にこの府中2400mという舞台は、強い馬が勝つレースであると同時に運のいい馬が勝つレースでもあります。

今回のメンバーを見渡すと、ディープインパクトやオルフェ―ブルのような怪物級の存在はなく、どの馬も均等に強いといった印象。

となれば、勝つのは当然運のいい馬ってことになります。

その運のいい馬がどの馬なのか?

今年のダービーもそうであったように、今回のジャパンカップのこの馬が勝つのではないかなと思ってます。

皆さんも、この条件に当てはまる馬はどの馬なのか?を考えながら予想してみると、的中への近道になるかもしれないですね。

↓↓良かったら参考にしてみてください(^^)

日本ダービー(東京優駿) 2014 単勝・複勝予想 最終結論! 今年も勝つのはこの馬のはず!

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top