平安S、オークス(優駿牝馬) 2014 結果・回顧

平安S 2014 レース結果

平安S 2014 G3 京都 11R ダ右1900m 15:35 発走

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 単オッズ 単人気
1 10 クリノスターオー 牡4 56 幸 74.9 (12)
2 6 ソロル 牡4 57 松山 22.2 (7)
3 16 ワイルドフラッパー 牝5 55 福永 9.5 (4)
4 13 ジェベルムーサ 牡4 56 田辺 4.4 (2)
5 3 ナムラビクター 牡5 57 小牧 2.2 (1)
6 11 ナイスミーチュー 牡7 56 太宰 62.9 (11)
7 14 グランプリブラッド 牡5 56 松田 30 (8)
8 12 ドコフクカゼ 牡4 56 川田 17.9 (6)
9 7 メイショウコロンボ 牡5 56 武幸 46.1 (9)
10 9 トウショウフリーク 牡7 56 武豊 5.7 (3)
11 1 クリールパッション 牡9 56 藤岡佑 384.1 (16)
12 5 クリノヒマラヤオー 牡4 56 浜中 87.3 (13)
13 4 ファイヤー 牡6 56 北村友 221.2 (15)
14 8 グランドシチー 牡7 56 岩田 15.6 (5)
15 2 ラガートモヒーロ 牡5 56 藤田 54.1 (10)
16 15 ヒルノマドリード 牡5 56 四位 138.9 (14)


【本命馬成績】
◎09 トウショウフリーク 10着 収支-1000 回収率0%

アンタレスSから勝ち馬が出ると予想し、人気のジュベルムーサはいらずと考えて、その通りになった平安S。

にもかかわらず、本命のトウショウフリークは10着といった珍予想(笑)

結果的に2着にも人気薄のソロルが入ってナムラビクターが負けたことを考えると、前走の結果は展開一つでコロッと変わったんでしょう。

勝負付けが済んでいたと思って予想した時点で外れでした。

トウショウフリークは早々内の好位をとったんで『よし』って思いながらみていたんですが、直線では全く見せ場もなかったです。

年齢的にも立て続けに好走するのは難しいんですかね。


オークス(優駿牝馬) 2014 レース結果

オークス(優駿牝馬) 2014 G1 東京 芝左2400m 15:40 発走

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 単オッズ 単人気
1 9 ヌーヴォレコルト 牝3 55 岩田 (2) 9.8
2 10 ハープスター 牝3 55 川田 (1) 1.3
3 5 バウンスシャッセ 牝3 55 北村宏 (3) 16.4
4 13 ニシノアカツキ 牝3 55 勝浦 (17) 181.7
5 14 ブランネージュ 牝3 55 秋山 (7) 43.2
6 11 マーブルカテドラル 牝3 55 田辺 (10) 61.7
7 8 サングレアル 牝3 55 戸崎圭 (4) 16.5
8 3 マイネオーラム 牝3 55 松岡 (9) 57.8
9 12 マイネグレヴィル 牝3 55 柴田大 (16) 145
10 1 ベッラレジーナ 牝3 55 藤岡康 (11) 63
11 17 フォーエバーモア 牝3 55 蛯名 (5) 22.8
12 16 クリスマス 牝3 55 三浦 (15) 114
13 15 マジックタイム 牝3 55 横山典 (6) 38.5
14 7 シャイニーガール 牝3 55 田中勝 (14) 112.4
15 2 ディルガ 牝3 55 浜中 (12) 91.5
16 6 パシフィックギャル 牝3 55 ウィリアム (8) 53.1
17 4 ペイシャフェリス 牝3 55 内田博 (13) 103.7
18 18 エリーザベスト 牝3 55 川島 (18) 233.4

【本命馬成績】
◎06 パシフィックギャル 16着 収支-1000 回収率0%

ハープスターを除いてまたもや内をロスなく立ち回った馬が上位を占める結果に。

パシフィックギャルはスタート出遅れ時点で万事休す。

すぐさま追い出すわけでもなく、そのまま後方待機で進めたところをみるとあまり勝つ気もなかったのかなと。

前に行ってなんぼの馬が後ろに控えれば結果はレースを見なくても分かるし、レース中の意識はすぐさまハープスターに移ってしまいました。

そのハープスターですが、前から懸念していた不器用さが早くも露呈しまった感じ。

負けるならこのパターンしかなかったわけだし、内が有利なのは明白でしたからね。

4コーナーまではスムーズに競馬をしていたとは思うけど、一番痛かったのは直線に入ってすぐ『さぁいくぞ』って時にニシノアカツキに割ってこられたことでしょう。

ビデオを見ると良く分かるんですけど、直線でハープスターが寄れたように大きく右に進路を変えるんですよね。

あれがなければ進路変更をすることもなくまっすぐ走ってこれたわけですし、最後の着差を考えるとあれが決め手になったなぁって思います。

川田騎手にしてみればこの敗戦は来週のダービーにも影響しかねないくらい、大きな敗戦となった気がするんですがどうでしょう。

そして勝ったヌーヴォレコルト。

ハープスターに勝つならあれしかないといった岩田騎手会心の騎乗でおみごとでした。

おそらくハープスターに正面からぶつかっても勝てないと踏んだのでしょう。

スタートから徹底した内を通していたし、直線も極力コースロスをしないように乗っていたと思います。

あれが出来る馬であれば、多少能力が劣っていてもレースセンスで凌ぎ切れてしまうんですよね。

騎乗スタイルが多少荒く、批判も浴びる岩田騎手ですが、騎手としての腕はやはり日本トップクラスだなぁって思わされました。

桜花賞からこの短期間で、きちんと修正して勝たせた岩田騎手に脱帽です。

最後にハープスターについてもう一言。

よく見ると最後の直線、ラスト200mあたりで脚が上がってますね。

距離ロスも影響したのもあるでしょうが、やはり適正はマイルが中心かも知れないです。


2014年 競馬予想結果
単勝投資 52000 回収 63600 収支 11600 回収率 122.3 的中率 19.2

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top