人より収支を向上させるには、どうすればよいのかを考える

パチスロを専業としている人の月収ってどれくらいなんでしょうね?

たぶんですけどピンで打って、週に1回休むスタイルの稼働で0-25,000枚あたりの方が多いんじゃないかなって思います。

パチスロは勝ちやすい反面、月に稼げるMAXは決まってくるんで、なんとなく予想は出来るものです。

もちろん地域によってピンでもこれ以上稼いでいる人も存在するでしょうし、時代が変われば変化していくものです。

あくまで一般的な統計結果で言えば、この辺りに落ち着くだろうということで。

さぁ、ここからが本題ですが、ある程度収支が付いてくるようになると、人は欲の出る生き物ですから

『あの人はどのくらい勝ってるんだろう?』

『来月は今月の倍くらい勝ちたい』

と、どんどん上を目指していくと思います(僕だけ?(笑))。

だけど、

『いくら頑張ってもある程度のところで収支は頭打ち』

といった状況になっていませんか?

もしそんな悩みを持っているのであれば、ちょっと頭を休めて考えてみましょう。

パチスロの収支は稼働量に直結していくのが基本です。

ホールを移動している時間やお店がやっていない時間に稼働量を積むことが出来ないので、自然と月に稼働できるMAX時間というのは、そこまで変わるものではないんですよね。

他にも

『期待値の高い台を打てば収支が上がる』

といった考え方は間違いではありません。

その変わり

『ボーダーを上げたことによって打つ台数が半減すれば、トータル収支はあまり変わらない』

というのも事実です。

変わるのは勝率くらいですね。

この部分は勝ち始めたばかりの人が、勘違いしやすいので気を付けていただければと思います。

ボーダーを上げて収支を向上させるのであれば

『ボーダーを上げる前と同じ稼働量であること』

これが大前提なわけで、これが可能であれば収支は伸びるはずですが、あまり現実的ではないですよね(^_^;)。

じゃあ、どうすれば収支が伸びるの?と、なるわけですが、簡単に出来る方法としては

『他の人と協力する』

ことが手っ取り早いでしょう。

単純に二人で稼働すれば稼働時間は2倍になるわけですから。

もちろん、人を雇っても一人あたりが同じ収支を上げられるという前提ですが。

ただ、揉め事もよくあるのが事実ですので、少なくとも25,000枚以上をコンスタントに稼げるレベルになるまでは、手を出すべきではないのかなと個人的には思います。

人よりも多く勝ちたい、もしくは今の収支を向上させたい、と思うのであればそのためにどうするべきか考えることが重要ですね。

『今の行動範囲ではこれ以上収支の向上が見られないので、行動範囲を広げる』

『パチンコを覚える』

『新台の解析を自分で行ってみる』

など。

『スロットオンリーで喰っていく』

といった固定概念を捨て、いかに

『無稼働状態にならないように行動するか』

といったことに焦点を当ててみるといいんじゃないですかね。

専業の方であれば午前中は宵越し狙い、午後からパチンコを打つって感じであれば、無駄も少なくなりますし。

高期待値の場合であれば朝から終日パチンコもありですし、やはり立ち回りの幅は広がります。

仕事帰りの方であれば、いつも言っているように宵越し狙いの幅を広く持たせるようにするって感じですですけど、そのためには各機種の狙い台を頭に叩き込んでおいた方が有利になりますね。

僕なんかは今はほとんど稼働していないので店に行ってから各台の情報を見て打ち始めるこがほとんどです。

だから調べるのに時間がかかったりして、かなり効率悪いです・・・。

そういったロスって稼働量に比例して大きくなるんで、毎日稼働するような方が収支を上げるためにまず行う行動の一つは、

『天井やゾーン狙い、モード移行率などを頭に叩きこんでみるべき』

かなと思います。

良く打つ台って自然とその島に足が向かいやすくないですか?

そういった機種を1機種でも多く増やせば、データ機を見ただけで打つかどうかが判断できるんで、無駄のない立ち回りが可能になるはずです。

それと並行してパチンコの潜伏情報等も把握できていれば、ホールを巡回するだけで打つ台が見つかるはずなんで、収支の向上にも繋がるでしょうね。

Pocket



  • パチスロ副業講座 仕事帰りにどこでも稼げる副業です♪
  • パチスロ用語集 分からない単語はここで解決!
  • パチンコ体験談はこちらから!
  • パチスロで確実に勝ちたいなら、こちらをどうぞ
  • あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



    ブログの記事が役に立ったら
    1日1回ポチット応援お願いします^^
    ↓↓↓
    にほんブログ村 小遣いブログへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    Top