安田記念 2014 単勝・複勝 予想

安田記念 2014 G1
東京 11R 芝左1600m 15:40 発走

安田記念 2014 出走馬
馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 グランデッツァ 牡5 58 石橋脩
2 レッドスパーダ 牡8 58 四位
3 カレンブラックヒル 牡5 58 秋山
4 リアルインパクト 牡6 58 戸崎圭
5 エキストラエンド 牡5 58 横山典
6 グロリアスデイズ セ7 58 モレイラ
7 ホエールキャプチャ 牝6 56 蛯名
8 ミッキーアイル 牡3 54 浜中
9 ダノンシャーク 牡6 58 内田博
10 ジャスタウェイ 牡5 58 柴田善
11 ショウナンマイティ 牡6 58 北村宏
12 グランプリボス 牡6 58 三浦
13 フィエロ 牡5 58 岩田
14 クラレント 牡5 58 川田
15 サダムパテック 牡6 58 田中勝
16 トーセンラー 牡6 58 武豊
17 ワールドエース 牡5 58 ウィリアム

安田記念 2014 直近10年 人気データ
1番人気 (2-0-0-8)
2番人気 (3-1-0-6)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (0-2-3-5)
6番人気 (1-1-0-8)
7番人気以下(3-3-6-108)

◎07 ホエールキャプチャ 単勝1000

本命はホエールキャプチャにしました。

本命に押した根拠は2走前の東京新聞杯の内容があまりにも強かったから。

57kgを背負いながらも外々を追走して、牡馬相手に完勝した内容は決して能力が衰えていないことを証明したし、同じレースに出ていた牡馬(エキストラエンド、クラレント、ショウナンマイティ、レッドスパーダ)とは斤量差も広がるし、普通に走れば逆転されることはないと思います。

馬場の悪化は気になりますが、東京新聞杯は重馬場で勝ち切ってるし、時計勝負になるよりはいいかなと。

前走のヴィクトリアマイルは休み明けのぶっつけだったんで軽視しましたが

『内有利の馬場でなければこの馬が勝ったんじゃないか』

って思うくらい強い競馬をしてたし、このメンバーでも十分通用すると思ってます。

叩き2走目で、得意の東京マイル、枠も問題ないし、穴をあけるならこの馬の可能性が一番高い気がしてるんですけどね。

とは言っても、ジャスタウェイは強いし、内に潜って早めに仕掛けないと厳しいでしょうから、あとは蛯名騎手にお任せです。

そして世界ランク1位のジャスタウェイ。

普通に走ればぶっちぎって勝つだけの能力はあるし、安定感も抜群だと思います。

どう転んでも複勝圏内は外さない気がしてるし、不安要素を上げるとすればマイルはちょっと短い印象なのと、馬場状態。

レースとしては中団から外を回すことは確定してるし、スタミナも充分にあるんで負けるとすれば仕掛け遅れによる差し損ね以外考えられないですからね。

スタートでへぐって最後方からの競馬になるとちょっと危ないかもしれないです。

まぁ、それでも中山記念で馬場も経験してるし、無難な位置取りで外を回せば勝てるんじゃないかな。

それと乗り替りはもちろん不安ですけど、福永騎手と善臣騎手って僕の中ではどっちも同じタイプな気がしてます。

どちらもここ一番での勝利に対する執着心が見られないというか、ダービーで横山騎手が見せた勝負師みたいな騎乗をすることはあまり見たことはないんですよね。

分かりやすく言えば

『無難に外を回って、強い馬に乗れば勝てるし、弱い馬に乗れば負ける』

って感じです。

そういう意味では、どちらもこの馬の背中を知っているわけだし、そこまで気にする必要もないのかなと思いますが・・・。

やっぱり善臣騎手がG1を勝つイメージが沸かないです(笑)

その他の馬についても簡単に見ていくと

3歳世代代表のミッキーアイル。

NHKマイルカップでは能力が抜けていると判断して本命にしましたが、思った以上に余裕がないように見えたし、内有利の恩恵がなければ負けていたのでは?と思ったくらいです。

それでも勝ち切ったことはこの馬の能力の強さだと思うし、あとは古馬との力関係がどうかでしょう。

この馬はスタートしてからの脚が速いんで、今回もスタート直後に行くだろうし、おそらくハナに立って単騎の逃げが濃厚だと思いますが、内目にはグランデッツァ~ホエールキャプチャまで前目に付けたいであろう馬が集結しています。

これらの馬の目標となりながら府中のマイルを逃げ切るだけの能力があるのかと問われれば・・・。

正直厳しいのかなって思うし、初の重馬場が予想される展開で、本来のパフォーマンスを発揮できるのかは未知数でしょう。

もちろんこの未知の部分がプラスに出れば、古馬相手にも堂々と立ち向かえると思います。

が、今回この馬は2番人気。

ジャスタウェイ以下、G1連対馬が12頭も出走する古馬一線級との戦いでその未知の能力に賭けるにはリスクが高すぎます。

せめて10倍を超えるくらいの単勝オッズであればいいと思うんですが・・・。

3番人気は前走マイラーズカップを圧勝したワールドエース。

2年前のダービーで1番人気に押されるくらいの超実力馬ですから、G2を勝っても不思議はないですね。

ただ、前走は内枠から馬場のいいところを通って、直線でも前が綺麗に空いて、全てが上手くいった展開での勝利だったのは見逃せない事実。

今回は大外からなんで外追走は避けられないし、後ろから行けばジャスタウェイ、前に行けばスタート直後に脚を使って最後が伸びないといった可能性が高く、勝ち切るのは厳しいのでは。

そしてそれはトーセンラーも同じ。

もともと左回りは苦手の馬だったし、今回は不得意の馬場状態、更に外枠と全くと言っていいほど好走する条件が整っていないです。

今回は惨敗してもらって次走以降、京都の穴目で狙うのが賢い買い方かなと。

個人的にはこの2頭を買うのであれば、前走力負けではないフィエロを買った方が期待値があるように思います。

前走はワールドエースの通った場所をついてきての2着だったし、決して力負けではなかったように見えました。

鞍上も岩田騎手に代わるのは問題ないし、前走の評価だけでここまで人気に差が出てしまうんですから、競馬のオッズって不思議だなって思いますね。

一通り予想した中でどう考えてもレースの中心はジャスタウェイだし、そうなれば後ろから行く馬に勝利の目はノーチャンス。

着を拾うことはあっても、勝つのは無理だと思って予想するべきでしょう。

と、なれば必然的にミッキーアイルを見ながら好位の内を追走できる先行馬を狙うべきだと予想しました。

こう考えると、僕の予想の中では2-4番人気は飛ぶ可能性が高く、ヒモ荒れになるかなって気がしてるんですけど、結局は素人が考えた予想ですからね。

ジャスタウェイ以下、馬場状態一つでコロッと勝ち馬が変わるのは目に見えてるし、そういった意味では大きく勝負するレースではないでしょう。

もちろん6歳牝馬が簡単に勝てるレースではないのは分かってますが、こういった強気の予想をしないと競馬では勝てないと思うんで、これからは強気な姿勢で予想もしていこうかなって感じです。

【追伸】
今日の東京芝コースのレースを見ている限り、相当重い馬場になっているようですね。

直線では内が大きく空いていたし、あんな状態で大外分回ししたら勝てる訳ないので差し馬を買うのであれば、内を突く騎手の方がいいかも知れないです。

時計も全く出ていないことを考えると、どの馬にもチャンスがあるし、力関係よりも展開面の方が大きく影響するはずなんで、そこに重点を置いて予想したほうがいいかも知れません。

外差しは×、内目の先行馬をやはり重要視し、ミッキーアイルの前残りにも警戒が必要かもしれないですね。


2014年 競馬予想結果
単勝投資 54000 回収 63600 収支 9600 回収率 117.8 的中率 18.5

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top