天皇賞(春) 2014 事前予想

こんばんは。

先日放送された情熱大陸でキズナの特集がやっていたんで見ていたら、無性に天皇賞が楽しみになっちゃって、事前予想をすることにしました。

先ずはそのキズナ。

能力は疑う余地がなく、世界を舞台に戦ってきた馬だけに実力で言えば一番強いでしょう。

が、

常に強い馬が勝つわけではないのが競馬の怖いところ。

キズナの持ち味は直線一気の切れ味。

前哨戦もライバル馬達とは別次元の脚色で抜き去っていきました。

そして今回の天皇賞も今までと同じように『直線ヨーイドン』の競馬のなら勝てると思います。

しかし、過去10年、天皇賞(春)において追い込み馬の勝率はなんと『ゼロ!』。

つまり、4コーナーで最後方にいるような位置取りで勝ちきるのは非常に困難だということですね。

と、なれば直線を向くまでに少なくとも先頭集団~中段辺りまで押し上げていくだけの『自在性』が求められるのですが、過去のレースを見る限りそのようなレースは皆無。

同じ舞台で行われた京都新聞杯も直線に入ってから追い出しています。

凱旋門賞では前を行くトレヴを追いかけて早めに仕掛けていますが、そうすると最後の末脚が鈍っちゃうんですよね。

だから普通に考えれば

『最後方待機 → 向こう正面坂で外に持ち出し → 直線一気』

ってパターンが一番可能性の高いレース展開でしょう。

そこで差し切れるのかが最大のポイント。

じゃあ、相手関係は?って見てみると、おそらく二番人気はゴールドシップかウインバリアシオン。

ゴールドシップは典型的な気分屋さんで走らないときは全くダメだけど、本気を出せばめっちゃ強いって感じ。

まだ、五歳だし能力もそこまで衰えていないはずなんですが、昨年秋の傾向を見ていると全盛期ほどの力強さを感じないのも事実。

前走の阪神大賞典ではスタートから押して好位をキープ、そのまま押し切り完勝した姿を見ていると杞憂なのかなって気がしなくもないですが、正直相手が弱かったのも事実なんでそのことは頭に入れておいた方がいいでしょうね。

それと時計が速くなると全く通用しない馬なんで、雨が降って馬場が悪化すればかなりチャンスは広がる気がしてます。

テン乗りのウィリアムズ騎手は先行タイプの騎手だと思うし、たぶん前走の真似をして4、5番手辺りで我慢しつつ、坂の下りからロングスパートで押切を狙う騎乗が濃厚かな。

とにかく直線を向いたときにキズナとどれだけ差を開けるかがポイントでしょう。

続いて日経賞を完勝したウインバリアシオン。

この馬は産まれた年代が悪かったとしか言えず、オルフェーブルがいなければ普通にG1を勝っていたでしょうね。

前走はフェノーメノも出ていたし、阪神大賞典よりは濃いメンバーだったと思いますが、完勝でしたし機動力もあるんで今回はかなり有力な一頭だと思ってます。

どうやら鞍上はシュタルケ騎手のようなんで、どういった騎乗をするかは正直未知ですね。

先週、ワールドエースで初重賞を勝った勢いそのままに、ここでも好騎乗をする可能性は十分あるし、それに応えるだけの実力も兼ね備えている馬だと思います。

あまり後ろからいくとキズナに飲み込まれてしまうんで、ゴールドシップ同様に早めのスパートで押し切りを狙う感じかな。

続いて昨年覇者のフェノーメノですが、前走の日経賞はあきらかに休み明けのたたき台という感じの仕上げだったし、前走の着順をそのまま鵜呑みにするのは危険だと思います。

長距離G1を一度勝っている強みは不気味ですし、前走よりは確実に状態も上げてくるだろうから、軽視は禁物ですね。

少なくともウインバリアシオンとの差は前走ほど開かないような気がします。

個人的な予想では上の4頭のどれかが勝つと思っています。

天皇賞(春)の過去10年の成績を見てみると、10番人気以下が4勝もしていて荒れる傾向が強いレースなんですが、今年は濃いメンバーが集まったし、前哨戦を見る限り、それぞれの勝ち馬を脅かすような馬は出てこないと考えています。

と、いうことはそれぞれのトライアルレースを比較して勝ち馬を探すのが、一番的中への近道なんじゃないかなって感じですね。

そんななか、今本命視しているのはやはりキズナ。

距離がどうとか脚質がどうとかって言われてますが、結局はキズナが圧勝するんじゃないかなって思ってます。

先ほど言ったように戦ってきた相手が違うし、世界の舞台で活躍した馬って地力が違う気がします。

オルフェーブルのラストランだって走る前までは8割の出来だの疲れがなんだの、最後だから怪我のないよう無理はしないはず、とかって不安要素がさんざん出ていましたが、終わってみればあの圧勝劇です。

本当に強い馬と言うのは展開なんて関係なく勝っちゃうものなんですよね。

武豊騎手も直線での差し届かずって競馬だけはしないように注意して乗るはずだし、それに馬が応えられるかどうかだけでしょう。

凱旋門を勝ちに行くためにも、ここは競馬ファンとして、勝ってほしいなーって思いがあって本命にしている部分がないわけでもないですが(笑)。

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top