脱サラの成功率はどれくらい?そんなものは気にするだけムダ!

脱サラの成功はどれくらい?そんなものは気にするだけムダ!

脱サラして成功する確率って
どのくらいなんでしょうね?

少し気になったのでググってみたけど、
実際にこれだって!いうデータもなかったです。

もっとも、脱サラして成功したかどうかなんて
いちいち申告しないだろうから、分かるわけも
ないんですけどね。

ひとつの目安として、起業して生き残れる確率は

1年後、約40%
5年後、約15%
10年後、約5%

この程度のようです。

あくまでイメージですが、脱サラして10年後も
自由に生きてる人は100人中5人くらいだと思っていればいいのかな。

『脱サラ=企業』

ではないだろうけど、一般的には会社を起こして
自分の力で頑張っていく人が大半だろうから、
安定した経営を続けていくのが、どれだけ大変かは
なんとなく分かりますね。

そう考えると、脱サラのリスクってものすごく
高いと不安にも感じかもしれませんが、
これらのデータはあくまで『結果』から
見ただけのデータだと思います。

つまり、起業に向けた準備期間のようなものは
含まれていない
んじゃないのかなと。

あくまで一般論ですけど、ネットビジネスを
始めようと思って1ヶ月学んで脱サラする人と、
3年学んで脱サラする人では、後者の方が
成功率は高い
はずですよね。

副業といった形であっても、長く続けていれば
パソコンに関する知識や経験も身に付いているから
いざ独立したとしても大きな問題にならないはずです。

築き上げた実績と自信もあるはずだし、
多少の困難にぶち当たって乗り越えられます。

ブログなんかだと、それまでに読者から得た
信用もあるでしょう。

逆に仕事を辞めたくて仕方がないような人が
セミナーの教材を買って、1ヶ月ほど学んだら

『なんか行けそうな気がする』

とか言って、何の実績もないまま仕事を
辞めてしまったら、失敗する可能性も
高い
と思いませんか?

要するにですね、

脱サラして成功するかどうかは、自分次第

きちんとした準備をしておけば、全く問題ない

いたってシンプルな結論です。

統計データはあくまで、成功の有無を無理やり
目に見える形にしただけであって、内容まで
突っ込んだものではない
はずです。

成功率100%は無理だとしても、
50%を70%、99%にしていくことは可能です。
(僕は100%を目指しますが)

問題はそこまで我慢して続けられるかですよね。

『え?脱サラして10年後に残っている人って10%以下?むりむり。普通に仕事してればいいや・・・』

そう思う人はその選択の方がいいでしょう。

下手に手を出せば95%の中に入っておしまいです。

逆に5%の中に入るため、毎日何かを
学び続けることが出来る人は、
いつかきっと成功するでしょう。

僕だって既に1年ほど脱サラの準備をしているので
何もしていなかった頃より、はるかに成功率が
高くなっているのは間違いないです。

きちんと準備して、脱サラを目指せば決して怖くないはずです。

それがたとえ、一家の大黒柱だとしてもね(*^_^*)

Pocket



多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!

サラリーマンのお小遣い稼ぎ


ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top