仕事を辞めるために身に付けておくべきスキル(能力)

こんばんは。

今日も脱サラに向けてパソコンの前に向かっているわけですが、日々の仕事はきちんとこなしています。

心では脱サラに向けた取り組みを加速させたいと思っていても、今の自分は会社に籍があるわけで、組織の一員として自分の職責を全うする責務があるし、今、会社を首になるわけにはいかないですからね。

そして仮に脱サラを成功させたとすれば、僕は二度とサラリーマンという組織に束縛される仕事はしないと思います。

その理由については普段のブログで書いてある通りです。

と、すれば今の会社は僕にとって最後のサラリーマン生活になるかもしれないし、集団生活を行うのも人生最後かもしれません。

そう考えると、組織に属しているうちにしかできない経験を今後の自分のために学んでおきたいし、そういった経験がのちの自分の人生に必ず役立つと思っています。

さて、なぜ突然こんな話を切り出したかというと、先日会社でこんなことがありました。

『上司:再来月から海外の工場の立ち上げがあるから行ってくれないか?』

『先輩:申し訳ありませんが、ご期待には添えないので退職します』

こう言って会社を去った先輩がいました。

もちろん、他にも色々とやり取りはあったみたいですが、詳しいことは聞いてないし直訳すればこんな感じです。

この先輩はある分野での技術に優れていて、新工場での活躍を期待されての抜擢だったのですが、家庭の事情でどうしても海外には行けず、退職という決断を余儀なくされました。

もちろん突然の退職だったんで次の就職先なんかも決まってなく

『これからどうするかなぁー』

ってぼやいてました。

が、なんとその2日後にもう次の就職先が決まったとの連絡を受けました。

話によるとその先輩が辞めるといった話を聞きつけた先輩の友人が、会社の上司に話をしたところ、ぜひ来てほしいとお願いをされたらしいのです。

先輩も養う家族を抱えていたので、もちろんOKし、退職を決めてから1週間足らずで別の就職先が見つかるという幸運に巡り合えたわけです。

もちろん『運が良かった』というのもありますが、先輩に『来てほしいと思われるだけの能力』がなければ声もかからなかったでしょう。

先輩は普段から一つのことに対してまじめに取り組み、人よりも優れた能力を仕事中に身に付けていたわけです。

例えばあなたが会社の採用人事だったとして

『パソコンが使えます』

という人と

『パソコンを使ってホームページを開設・運用できます』

って人が現れたとしたら、どちらを採用しますか?

誰でも下の人を採用したくなりますよね。

それは自分の強みを具体的に主張し、アピールできるからなんです。

その能力や資格が直接役に立たなくても、その資格を取得したことを評価されたりする場合もあります。

僕が今、学んでいるブログの運営に関しても

『ブログ書いてます』

って言うよりも

『HPを開設し、ブログやサイトの運営を学んでいます』

って主張したほうが、この人は出来るなって思いますよね。

そういった意味では、広く浅くスキルを身に付けるよりも、1つの需要が見込める分野に絞って、その能力を向上させる方が良い結果が得られることが多いのかなって思います。

会社では

『その分野のスペシャリストになりなさい』

って表現をよくしたりしますね。

『でも、具体的に何をやればいいの?』

って話にもなりますが、これは自分がやりたいことをやればいいでしょう。

全く何もやりたいことが見つからないのであれば、とりあえずパソコンを手に取ることから始めるのがいいと思います。

今の時代、どこの会社に行ってもパソコンはあるだろうし、自分で独立するのであればパソコンは必須アイテムですからね。

ブログを書くもよし、ワード・エクセルを学ぶもよし、そうやって何かを始めることで次への道が開いていくものだと思います。

先ずは自分が何をしたいのかを考えることがスタート。

次にどうすればそれが叶うのかを考え、行動すること。

その中で失敗や挫折を繰り返した後、さらに前に進むことで自然と身についているものが、自分が必要としているスキルだと思います。

会社にいるうちにしか学べないこともたくさんあると思うんで、明日からの仕事で一日ひとつ、今後の自分の役に立つことを吸収するつもりで仕事に取り組んでいきたいですね。

Pocket



多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top