パチスロでのりうちするメリットとデメリットとは?

のりうち軍団ってなんですか?

たくさんの人で台を占拠するらしいけど、儲かるの?

人数が増えればそれだけ一人頭の勝ち額が減っちゃう気がするんだけど。

あと、自分がたくさん出した時に、他の人と折半するのってなんか悔しくないんですか?


のりうちについても、今までにかなり質問されたことがあるんで、簡単にまとめておこうと思います。

まず、用語の解説ですけど

【パチスロのりうち】

お金を折半して打つこと。

熱いイベントの時は軍団と呼ばれるグループ集団がのり打ちで来ることも多く、人数を増やせば高設定の取得率が増え収支は安定する。

その反面、金銭トラブルはつきもの。

要約すれば、僕とあなたがホールに行って、お金の共有をすることです。

つまり、僕が3万負けて、あなたが5万勝ったとすれば、トータル2万円の勝ちになるので、それを折半して1人の勝ち額は1万円になるって感じですね。

『え?それって勝った人の方が損じゃん!』

と、思うかも知れませんが、これは結果論なので(^_^;)。

今日は僕が負けたけど、明日はあなたが負けるかもしれないし、明後日は二人とも勝つかもしれない・・・

それは誰にもわからないですよね?

ただ、一つ言えることは確率というものは試行回数を増やせば収束するってことが分かっているので、プラスの期待値をひたすら積むことで、収支の安定化に繋がるのが最大のメリットです。

これを集団でやってる人のことを「のりうち軍団」なんて呼んだりもしますね。

たしかに人数が増えれば増えるだけ、自分がたくさん出した時の金額は減ってしまうけど、その逆も多々あって、結局は相殺されます。

例えば、自分と同じ思考を持った人間が12人いれば、1ヶ月で12ヶ月分、つまり1年分の稼働量が稼げますね。

のりうちの試行回数が少ないと、たまたま自分が爆発させて、相手が負けたりすると悔しかったりもしますが、毎日同じことを繰り返していれば気にならなくなるものです。

それよりも平均的に収支を残せる感覚の方が、心地よくなってきたりもします。

とにかく相手と価値観の共有をすることが一番大切だと思いますね。

そんなのりうちを誰とするかってことですが、僕なんかの場合地元の友達やホールで知り合った人とのる場合が多かったです。

パチスロを打ち始めて専業になったりすると、よく行くホールの常連さんと仲良くなることって多いと思います。

僕もそうやっていろいろな人と出会って、情報を共有したり、のりうちしたりしてきました(^^)

のりうちのメリット

  • 期待値が倍量稼げる
  • 勝率がアップする
  • 高設定狙いがしやすい
  • 交代で打てるので、休憩できる精神的安心感
  • 打ってる途中、おいしい台が空いたときに打てる
  • 他のお店の情報などを共有しやすい
のりうちデメリット

  • 相手が信頼できないと、関係に亀裂が入る
  • 投資をごまかされるリスク
  • 自由な時間が無くなる(打ってる途中での呼び出しなど)
  • 毎日同じ人が出入りしてれば目立ってしまう
  • あまり大人数で打つと打つ台がなくなる、管理が大変

まとめると、

メリット=収入が安定する

デメリット=金銭問題の発生

ってイメージで問題ないと思います。

個人的には1台の高設定を順番に回してるときなんかに、たびたび用事だと言って、どこかに行かれちゃうのが嫌でしけど(-_-;)

『なんだよ、のりうちなのに、俺の方が打ってる時間多いじゃん』

って感じです。

毎日のりうちをするのであれば、そういった細かいルール作りも必要になってきますね。

『高設定を掴んだ人が終日回すこと!』

『緊急の事情がない限り、お互いの稼働が終わるまで帰らない!』

みたいな感じかな?

そういったのが面倒で、のりうちを嫌っていた時期もあったけど、のりうちはのりうちで、楽しかったりもするので、その辺はうまくバランスをとっていくしかないんですよね。

とにかくお金が必要であれば、のりうちした方がいいと思うけど、その時は必ず自分よりうまい人とのり打ちしましょう

自分より下手な人、極端な話、負けている人と、のり打ちしても何のメリットもないですからね。

だから僕は会社の後輩と一緒にホールに行ったり、のりうちはしないのです(^_^;)

Pocket



  • パチスロ副業講座 仕事帰りにどこでも稼げる副業です♪
  • パチスロ用語集 分からない単語はここで解決!
  • パチンコ体験談はこちらから!
  • パチスロで確実に勝ちたいなら、こちらをどうぞ
  • 多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



    ブログの記事が役に立ったら
    1日1回ポチット応援お願いします^^
    ↓↓↓
    にほんブログ村 小遣いブログへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    Top