大阪杯 2014 単勝・複勝 予想

大阪杯 2014 G2
阪神 11R 芝右2000m 15:35

◎07 キズナ 単勝1000

事実上のG1レースですね。

いくら本番に向けた叩き台のレースだといっても、これじゃあ一般の馬には気の毒です(笑)。

昨年のダービー馬、菊花賞馬、牝馬G13勝馬。

別々の路線をたどればそれぞれの馬が勝ちあがることが濃厚なだけに、この中から勝ち馬を見つけるのが無難でしょう。

選んだのはもちろんキズナ。

正直、エピファネイアとの実力差は無いに等しいし、過去のレースを見れば負け越しているわけですから、勝つか負けるかは展開一つでしょう。

その展開を考えたときに人気3頭の並びはエピファネイアが好位⇒メイショウマンボが中団⇒キズナが後方の位置取りのはず。

3-4コーナーにかけてジワリとキズナが押し上げ、直線を向いて3頭が並んでスパートって展開は容易に想像がつきます。

ここでのポイントはエピファネイアの二の足とメイショウマンボ、キズナの末脚。

菊花賞では4コーナーで早くも先頭に立ってそのまま押し切る完勝でしたが、正直春に比べメンバーの能力が落ちていたのも事実。

その馬達を相手に完勝したインパクトが強くここでも人気になっていますが、怪我をして長期休養していたことを考えると、順調にきた2頭より割り引くのは当然の話。

好位から競馬が出来るのはこの馬の強みですが、今回は標的となる可能性が高く、アダになるのではないかと思ってます。

メイショウマンボを見極めるポイントは2つあって、一つは牡馬一線級との力関係。

こればっかりは走ってみないと分かりませんが、今回この2頭を相手に勝ちきるだけの力はないように思うのが本音。

確かに秋は本格化したようにも感じましたが、かつて牝馬路線で活躍したアドマイヤグルーヴが牡馬相手になると全く走らなかったように、女の子は気まぐれなんで扱いに困ります(笑)

もうひとつは秋初戦で同じ牝馬相手に惨敗したこと。

3冠牝馬のアパパネもそうでしたが、休み明けはいつも負けて本番で巻き返すタイプの馬でした。

いわゆる叩き良化型のタイプじゃないかなって思ってます。

どちらにしても上記2頭には実力的に劣る気がするんでここは見送りです。

そしてキズナ。

今年は最初から凱旋門賞を目指すと公言しているだけに国内線では負けられないでしょう。

しかも相手はともにクラシックを沸かせてきたライバルのエピファネイアですから、その思いは強いはず。

おそらく武豊騎手はエピファネイアを終始マークしてレースを進めるだろうし、少頭数で距離のロスも最小限で済むでしょう。

イメージ的に言えば今年のきさらぎ賞で見せたトーセンスターダムのような騎乗ですね。

先ほど書いたように、直線は内から逃げるエピファネイアと外から差すキズナの攻防で、最後にキズナがちょっと差し切るって感じでお願いします(笑)

その他で気になる馬がいるとすれば一叩きしたショウナンマイティーかな。

この馬は春から夏にかけて調子を上げてくるんで、昨年、一昨年とこのレースから勢いをつけますからね。

安田記念もロードカナロアの斜向がなければ突き抜けていたはずだし、あそこでG1を取れなかったのは無念だったと思います。

人気馬が休み明けの分、一発賭けるならこの馬しかいないでしょう。


2014年 競馬予想結果
投資 単勝投資 33000 回収 54300 収支 21300 回収率 164.5 的中率 21.2

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top