京都新聞杯 2014 結果・回顧

京都新聞杯 2014 G2
京都 11R 芝右 外2200m 15:35

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 単オッズ 単人気

1 3 ハギノハイブリッド 牡3 56 秋山 (3) 7.1
2 11 サウンズオブアース 牡3 56 浜中 (8) 13.7
3 5 ガリバルディ 牡3 56 福永 (5) 8.9
4 8 シャドウダンサー 牡3 56 武豊 (1) 3.5
5 2 ミヤビジャスパー 牡3 56 池添 (2) 6.1
6 6 スズカデヴィアス 牡3 56 酒井 (9) 16.2
7 17 モーリス 牡3 56 川田 (7) 13.1
8 12 ストロベリーキング 牡3 56 義 (11) 59.3
9 7 ブレイヴリー 牡3 56 国分恭 (15) 188.1
10 1 ロングリバイバル 牡3 56 小牧 (13) 71
11 15 ブラックカイト 牡3 56 幸 (17) 254.3
12 13 オールステイ 牡3 56 中谷 (12) 68.1
13 14 アズマシャトル 牡3 56 松山 (6) 9.1
14 10 ダンディーズムーン 牡3 56 和田 (10) 41.2
15 9 ステイインシアトル 牡3 56 ウィリアム (4) 7.2
16 4 トラキチシャチョウ 牡3 56 小林 (14) 167.6
17 18 ポメグラネイト 牡3 56 藤岡佑 (18) 332
18 16 リーゼントロック 牡3 56 松岡 (16) 188.2


【本命馬成績】◎08 シャドウダンサー 4着 収支-1000 回収率0%

シャドウダンサーは位置取りが後ろ過ぎましたね。

そこまで切れる脚をもっている馬ではないんで、4コーナーであの場所からは届かないと思いました。

あのスタイルが武豊騎手といえばそれまでですが、せっかく回ってきた社台+リーディング上位厩舎の馬だけに、もう少し工夫した乗り方をして欲しかったですね。

勝ったハギノハイブリッドは好スタートから徐々に下げて、ちょうど中段のいいポジションで気持ちよさそうに追走してましたね。

直線入り口まで追い出しを我慢する余裕もあって、レースを見返せばすべてが上手くいったレースで勝つべくして勝った感じ。

本番は一気の相手強化になりますが、あまり軽視しない方がいいと思います。

と、いうのもこのレースからは過去5頭ものダービー馬を輩出してるし、直近5年の勝ち馬の成績を見てみると

開催年 馬名 タイム ダービー成績
2014年 ハギノハイブリッド 02:11.0 ???
2013年 キズナ 02:12.3 1着
2012年 トーセンホマレボシ 02:10.0 3着
2011年 クレスコグランド 02:13.5 5着
2010年 ゲシュタルト 02:12.8 4着
2009年 ベストメンバー 02:13.0 未出走

と、かなり好走していることが分かりました。

僕も調べるまで知らなかったんですけど、この結果を見る限り連複候補には据えておいた方がいいかもしれませんね。

時計だけ見れば昨年のキズナよりも早いタイムで走破しているし、一昨年レコード勝ちしてるトーセンホマレボシも本番では3着に好走してます。

昨年のキズナは別として、このレースを勝った馬って意外と人気にならないんで、本番でのオッズが楽しみですね。


2014年 競馬予想結果
単勝投資 46000 回収 56700 収支 10700 回収率 123.3 的中率 17.4

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top