日本ダービー2015 結果・回顧・動画 ドゥラメンテはやはり強かった!

日本ダービー2015  結果・回顧・動画 ドゥラメンテはやはり強かった!

日本ダービー2015 G1 レース結果

日本ダービー 2015 G1
東京 10R 芝左2400m 発走時間 15:40

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 単オッズ 単人気
1 14 ドゥラメンテ 牡3 57 Mデムーロ 1.9 (1)
2 1 サトノラーゼン 牡3 57 岩田 18.7 (5)
3 11 サトノクラウン 牡3 57 ルメール 6.3 (3)
4 13 リアルスティール 牡3 57 福永 3.8 (2)
5 3 コメート 牡3 57 嘉藤 234.9 (16)
6 15 ミュゼスルタン 牡3 57 柴田善 54.4 (9)
7 2 タンタアレグリア 牡3 57 蛯名 23.4 (7)
8 4 グァンチャーレ 牡3 57 松岡 220.5 (15)
9 7 レーヴミストラル 牡3 57 川田 16.2 (4)
10 10 ミュゼエイリアン 牡3 57 横山典 70.7 (10)
11 5 ダノンメジャー 牡3 57 小牧 160.7 (13)
12 6 ポルトドートウィユ 牡3 57 武豊 25.5 (8)
13 18 タガノエスプレッソ 牡3 57 菱田 276.4 (17)
14 17 キタサンブラック 牡3 57 北村宏 20.7 (6)
15 8 ベルラップ 牡3 57 三浦 162.8 (14)
16 9 コスモナインボール 牡3 57 柴田大 276.9 (18)
17 12 アダムスブリッジ 牡3 57 和田 76.4 (11)
18 16 スピリッツミノル 牡3 57 酒井 119.9 (12)


【本命馬成績】
◎11 サトノクラウン 3着 収支-1000 回収率0%

【公開馬券結果】
◎11 サトノクラウン 3着 収支-10000 回収率0%

日本ダービー2015  結果・回顧・動画 ドゥラメンテはやはり強かった!

みんなの競馬でダービーを見ていたんだけど、
なぜかスタート直前で上空からのアングルに
なって、サトノクラウンが出遅れたことに
全く気が付かず。

慌ててNHKにチャンネルを変えたら、後方5番手
くらいを走っていて、その事実を確認した時の
絶望感は、かつて競馬で散財していた日々の
記憶を、僕の脳裏に蘇らせました(笑)

変なところから撮影しないで、普通に映してよ!
と思ったのは僕だけではないですよね?

レースを振り返ってみると、サトノクラウンは
横を向いたときにゲートが開いた感じですね。

若干出遅れたのは事実ですが、その後一切前に
行く素振りを見せていないため、今日は後方
から進める予定だったのかな。

あのポジションに落ち着いてしまうと、4コーナー
で間違いなく外を回されてしまうから、勝つため
には馬の能力が抜けている必要があります。

予想にも書いた通り、今回のメンバーで能力が
抜けていたのはドゥラメンテなので、この馬が
あれをやったら勝てないのは当たり前。

後方から伸びてきた時には既に、決着がついて
いました。

残念ながら、今回もこの馬の良さを引き出せずに
終わってしまったので、まだ未知の可能性は持って
いると思います。

皐月賞がまともであれば1着争いに加わっていた
という仮説も正しいことが証明されたので、
今後も狙って行きたいところですが、スタートの
悪さを抱えている馬を毎回狙うのは得策ではない
ので、今後もオッズとの相談になるでしょう。

勝ったドゥラメンテはデムーロ騎手が上手かった。

その言葉が全てだと思います。

勝負の決め手となったのはスタート直後の直線。

是非、上のレースビデオを見返してもらいたいん
だけど、スタートしてすぐにデムーロ騎手が
リアルスティールの福永騎手を一瞬だけ、チラッ
と見ています。

そして福永騎手が抑えているのを確認すると、
迷うことなく、前のポジションを取りに行き
ました。

ダービーの二冠のかかる大舞台で、単勝1倍台の
大本命馬があそこで前に行くというのは、心臓
に毛が生えていないと無理です(失礼)

だって、皐月賞で豪快に追い込んで勝っているん
ですから、万が一、前に付けて負ければ、

何で前に行ったんだ!!

って叩かれますからね。

日本人騎手同士なら、お互いにけん制し合って、
2頭揃って仲良く後方でレースを進めるのがオチ。

それが日本人と外国人騎手の差です。

おそらくデムーロ騎手の中でもリアルスティールが
前に行くと思っていたのでしょう。

だからスタート直後は様子を見て、行かないなら
俺が行く
と、前に出ていったはずです。

短い直線で、これだけの判断と度胸のある騎手が
一番強い馬に乗っていれば、それは勝ちますよ。

結果的に前に付けたことが功を奏して、道中の距離
ロスも最小限で済みました。

馬の能力はもちろんだけど、デムーロ騎手の隠れた
好騎乗も光ったレースだったと思います。

秋は凱旋門賞に行くでしょうが、引き続きデムーロ
騎手が跨るのであれば、勝つ可能性は十分あるので
はないかな(*^_^*)

デムーロ騎手の好騎乗とは対照的となったリアル
スティールの福永騎手。

おそらく彼の頭の中では、共同通信杯で勝った時の
イメージで乗りたかったのでしょう。

だから積極的にポジションを取りにいかず、
できればドゥラメンテより後ろで脚を溜めて
差し切りたかった。

そうでなければ、スタートで下げる意味が
分からないです。

あの時はドゥラメンテが最悪な競馬をしたのに
対して、リアルスティールは内で脚を溜める
ことができた結果で、外を回せばどうなるかは
予想で書いた通り。

追い出しもデムーロ騎手が仕掛けてからようやく
ゴーサインを出していたけど、この馬は仕掛けから
加速までに時間がかかる馬なんだから、あの追い
出しではダメです(参考リンク:皐月賞予想)。

テン乗りでもないのに、あのような騎乗をしていて
は、ダービーを勝つのは一生不可能だと断言しても
いいくらい、残念な騎乗でした。

ダービーはどこかで勝負に行かないと勝てない
レースです。

これも予想で書きました。

結果的に100%の力を出し切ってもドゥラメンテ
には勝てなかったと思うけど、馬券を購入する
人は、勝ち負けと同じくらい、騎乗の内容を
気にします。

負けてもベストを尽くした競馬なら納得してまた
馬券を買ってくれるけど、やる気のない騎乗を
見せられたら、ファンは離れていきます。

リアルスティールの馬券を買った人はきっと、

ドゥラメンテより前に付けていれば・・・。

と思ったはずです。

そこをなんとかしないと、彼のダービー制覇は
夢のまた夢でしょうね。


さて、公開馬券は結果的に外れましたが、予想
としてはドゥラメンテが勝ってくれたので、
最初から読んでくれた人には、参考になった
かなと思います。

思えば、ダービーは強い馬が勝つレースですので
ドゥラメンテが皐月賞を勝った時点で、今の僕に
ダービーを当てることは不可能だったのかも知れ
ませんね。

馬券は外れましたが、予想としては満足している
今年の日本ダービーでした。


PS

ダービー特集、いかがでしたか?

突然思い付いた企画だったので、競馬に興味の
ない人にとってはつまらない記事だったかも
しれませんねm(__)m

今後はこのような考察記事を書く予定は考えて
いません。

今回、これだけの記事を書くのに、1週間の自由
時間をフルに使ってしまいましたから(^_^;)

競馬で勝つにはどのような考え方で、どのような
買い方をすればよいのか、身をもってお伝えして
きたつもりなので、馬券で勝ちたいと思っている
方は、何度も読み直して勉強してみて下さい(^^)

それではまた(*^_^*)


★中央競馬 予想結果★

競馬の勝ち組、本気で目指してます(*^_^*)

2015年 中央競馬 公開予想結果
総合投資 10000 回収 30700 収支 20700 回収率 307.0 的中率 30.0
2015年 中央競馬 公開予想はこちら
2015年 中央競馬 レース回顧はこちら

2015年 中央競馬 予想結果(非公開分含む)
単勝投資 57000 回収 77400 収支 20400 回収率 135.8 的中率 15.8
2015年 中央競馬 重賞 予想の収支データはこちら

生涯馬券データ
単勝投資 10000 回収 0 収支 -10000 回収率 0.0 的中率 0.0
生涯馬券のレース結果はこちら

2014年 中央競馬 公開予想結果
総合投資 110,000 回収 125,400 収支 15,400 回収率 114.0 的中率 16.4
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!

サラリーマンのお小遣い稼ぎ


ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top