『お金がない』というサラリーマンの愚痴を分析してみた

A『あぁー、給料日まであと一週間。マジで金ないわ』

B『俺もこの間久々にパチンコ行ったら負けちゃって、給料日まで昼飯抜きだよ』

ある日の昼休みに聞こえてきた後輩たちのトークの一部。

そんな会話に惹きつけられるように近くに寄っていくと

A『さんパパさん、今月マジ金ないっす。この前まで我慢してたんだけど、結局打ちに行って負けちゃいました。』

A『○○さんも負けちゃったみたいで、俺らこれから断食です(笑)』

みたいなことを笑顔で話す後輩たち。

そんな会話からさらに話は進み、会社の給料の話へ。

A『ってか、うちの会社の給料が少なすぎんだよ。俺の友達なんか高卒なのに〇〇以上もらってるのに。俺もこんな会社やめて転職しようかな。』

B『やっぱりうちの会社って給料少ないよね。俺もそう思ってたけど、なかなかやめられないんだよね。』

A『じゃあ、一緒に就活しましょうよ!』

といったところで、昼休みが終了しました。

まぁ、会話自体はなんともくだらない、若い方々の愚痴ですが、こういったところにも脱サラへのヒントが隠されてたりするんですよね。

例えば

『あいつは〇〇円もらってるのに、俺の年収はこんなもん。会社が悪い、やめようかな…。』

こういった考えの人はすべてを他人のせいにして自分を正当化しようとする傾向が強いので、いつまでたっても進歩がない場合が多いです。

お金がないのは誰のせいでしょう?

当たり前ですが、自分のせいですよね。

給与が低い会社に入ったのは何故?

どんな理由があるにせよ、普通のサラリーマンであるのであれば、その会社に入って働くことを望んだのは自分ですよね?

『自分が入った会社の給与が低い』

なんて、本来いうべきものではないと思うんですが、どうでしょう?
(もちろん言いたい気持ちはあるのですが。)

だって、面接のときに労働条件についてはある程度知らされるはずだし、賞与を加味すればどのくらいの年収になるかぐらいは予測がつくはずです。

さらに、入社前に会社の先輩に無理矢理でもアポをとって、そういったことについて聞き取り調査を行わなかったわけですから、完全に自己責任と言われても仕方のないことです。

会社に入ってから、ぶつぶつ会社の愚痴を言ってもお金はたまりません。

物事には必ず結果があり、その結果には必ず原因があるのです。

これはよく覚えておいた方がいいのでもう一度言いますね。

物事には必ず結果があり、その結果には必ず原因があります。

多くの人は結果ばかりに着目し、目先の楽な方法で物事を判断(解決)する傾向が強いので、真の原因にたどり着かないわけです。

だからいつまで経っても、同じことを繰り返しているんですね。

そのことにいち早くか気が付き、原因を潰すことが出来る人は、会社でも良績を残したり、人の上に立ったり、更には独立できたりするわけです。

例えば、先程のお金がないことについて考えてみると、

お金がないのはなぜか?

→会社の給与が低い

→なぜ会社の給与が低い会社を選んだのか?

→就職というものを真剣に考えていなかった

→なぜ、考えなかったのか?

→会社なんてどこでも入って長く働いていれば1000万くらいもらえるようになると思っていた。

ざっくりいえばこんなところでしょう。

こういった考え方をしていてはいつまで経ってもお金は貯まらないということです。

お金がない理由は会社の給料が低いだけとは限らないですよね。

給料以上のお金を使ってしまう、パチスロや競馬で負けてしまう、彼女に貢いでしまう、所得に比べ生活水準が高い・・・など。

あらゆる要素を検証して、その中から適合する原因を発見し、改善していくことは物事を進めていくうえでの基本的な作業です。

会社の給与が低いのは、自分の力ではどうすることもできませんからね。

そんなことをいくら愚痴ってもお金は貯まらないのです。

結局のところ、先ほどのような愚痴を吐く根本的な原因は自分にあり、過去に努力をしてこなかったツケが今になって回ってきただけなんですよね(自分にも共通する部分が多々あり、耳の痛い話ですが(^_^;))

この現状を打開したければ、なぜお金がないのかを良く考え、その原因を突き止め、改善する以外道はないということ。

パチスロや競馬で負けている場合も同じです。

『今日はたまたま負けた』

と、現実から目を背けていては、いつまでたっても勝てるようにはなりません。

どうしたら勝てるのか、負けている原因は何なのかを考える必要があるわけです。

今の自分がサラリーマンとして、三人の父親として生活しているのは偶然でもなんでもありません。

全ては自分が過去にとってきた行動に原因があるのです。

自分が現状に不満を抱えているのであれば、何が不満なのか?

その不満の原因となっているものを探しだし、今すぐ改善していきましょう。

5年10年先の未来には、今と違った自分がいるのは間違いのない事実です。

Pocket



あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top