負けない馬券の買い方を考える。リスク減らして回収率を最大にする方法とは?

馬券の買い方についてちょっと考えてみました。

僕の予想は方法の基本は、出馬表を見て気になる馬や『次走気になる馬』とメモしていた馬がいないかどうかをチェックし、過去のレースぶりとオッズから決めています。

だいたい本命馬を決める際は3-4頭に絞り込んで、オッズと相談しながら本命馬を決めるって感じです。

血統とかは分からないので一切見ず、あくまでも個々の馬の特徴を把握するって感じですね。

だから、絞り込んだ挙句、1/2で外したとか、1/3で外したなんてことはよくある話です。

そういった絞り込みの段階で出た馬の単勝を複数買えば、ある程度の的中率&回収率は得られるんじゃないかな?というのが、今回思いついた方法。

と、いうか大勝負の時は結構この買い方をしてたりしました。

具体的な説明をすれば、ローズS2014の予想で僕は

『レッドリヴェールかヌーヴォレコルトのどちらかが勝つと』

予想しました。

最終的にレッドリヴェールを本命にして撃沈したわけですが、最終的にこの時の馬券の買い方はどうなんだ?って思ったわけです。

もちろん自信があったのはレッドリヴェールだったけど、オッズが後押ししたのも事実です。

予想段階でのヌーヴォレコルトの単勝は2.5倍、レッドリヴェールは2.6倍でした。

だけど、終わってみればオッズは逆転し、2.2倍しかついていませんでした(ヌーヴォレコルトは2.5倍)。

さて、ここからがポイントなんですが、この時、勝ち馬を2頭まで絞り込んでいたので単純に勝率を50%とすれば、レッドリヴェールの期待値は110%、ヌーヴォレコルトの期待値は125%となり、期待値の低い馬に投資をしてしまったことになります。

レッドリヴェールの複勝オッズは1.1-1.5倍だったので、

『複勝を買っておけばよかった』

なんて話にもなってしまうわけです。

それくらい、オッズというものは馬券を買うに当たって大事な要素だと僕は思っています。

競馬はオッズ次第で期待値が大きく変化します。

だから僕は当日の朝まで予想を公開しないわけです。

本当はもっと遅くの15時とか、オッズがほぼ確定しそうな段階で予想を公開したいんだけど、外出しているときも多いし、今の時間がギリギリってことでこれは仕方がないです。

で、話を元に戻しますが、仮にこの時『2頭のどちらかが必ず勝つ』と予想していたのであれば、下のような賭け方もできるんですよね(単勝のみ、勝率は50%と仮定)。

【ハイリスクハイリターンパイプ】

これはいつも僕が実践してる買い方です。

あえて1頭で勝負して高回収率を狙う買い方で、外れる可能性も高いけど、当たった時の見返りが大きいので、高回収率が見込める

【均等買いタイプ】

これは単純に2頭の単勝を均等にする買い方です。

『2頭のうちどちらかは必ず勝つ』

と予想しているわけですから、1/2で外したなんてことはなくなりますが、見返りも減りますね。

特に1番人気が勝った場合、ガミる(当ってマイナス)場合が多いので注意が必要。

負債の被害が少なく、人気薄が勝った場合、黒字になりますね。

1に比べてリスクは大幅に減りますが、その分回収率も落ちてしまうので気を付けたいところです。 

【均等利益買い】

これは来ると予想した馬のどれがきても確実に勝てるように資金を配分する買い方ですね。

予想馬が1着になれば確実に黒字になる反面、回収率は大幅に低くなります。

それとあまりにも低い配当の馬がいた場合、その馬に資金を使ってしまうので調整が上手くいかない場合も多々あります。

確実に当てて行かないと、継続して勝つのは困難なので、ここぞという場面で使うのがいいのかな?

ちなみに均等利益の求め方は、まず、各オッズでの投資額をもとめます(購入の総額を10000円とする)。

レッドリヴェール:10000÷2.2=4600円なので、この馬の馬券を4600円買えば回収率100%になります。

ヌーヴォレコルトも同様に1000÷2.5=4000円。

この2つをたすと8600円となります。

本来は少数点も出ますが、競馬は100円単位での購入になるので、繰り上げて計算しています。

つまり、これらのオッズの馬を買って投資額を回収するには8600円の投資が必要になります。

ここから利益を均等に出すために、回収率を求めます。

今算出した8600円で割れば出ますので。10000÷8600=116%、これが平均回収率になります。

あとはこれを総投資(10000円)にかけてやって、各オッズで割れば、それぞれの投資配分がでますね。

10000×1.16÷2.2=5300円(勝った時の回収金額=11,660円)

10000×1.16÷2.5=4700円(勝った時の回収金額=11,750円)

計算方法はこんな感じです。

若干、誤差が出るのは先程書いたように、競馬の投資は100円単位のため誤差がでるからです。

【本命馬以外の回収率を100%に調整して、余った金額を本命馬にぶっこむといったパターン】

『2頭のうちどれかが勝つ』

と予想をしているわけだから、負けることはないし、かつ安全に本命馬の単勝にぶち込むんで賭けることが出来ます。

もちろん保険をかけた分だけ、回収率は下がるけど、実質のリスクはゼロになるわけだから、ローリスク、ハイリターンを狙う買い方といってもいいように思います。

回収率の出し方は先ほどと同様に

『投資金額÷オッズ』

本命馬以外の投資金(回収率100%)をだし、残りはすべて本命馬に賭けるだけです。

今回の場合で言うと、保険の馬はヌーヴォレコルトだったので、この馬の回収率を100%にするためには

1000÷2.5=4000円の投資が必要になります。

残った6000円をレッドリヴェールに賭けると

2.5×4000=10000円(ヌーヴォレコルトが勝った時の回収金額=10,000円)

2.2×6000=13200円(レッドリヴェールが勝った時の回収金額=13,200円)

となります。

つまり、最悪、ヌーヴォレコルトが勝っても投資金は返ってくるし、レッドリヴェールが勝っても130%を超える回収が見込めるってことですね。

ざっと思いついただけですが、単勝だけでもこのくらいの買い方があるのるかなって思います。

当たり前の話ですが、一番重要なのは出走馬の中から勝ち馬の見極めが出来るかどうかですね。

競馬で勝つための基本は一点勝負の高回収狙いだと思いますが、それまでに資金がパンクしてしまっては元も子もないので、軍資金と相談しながら検討してみてください。

『予想上手の馬券下手』

って言葉があるくらい、馬券の買い方は難しいです。

当たっても低回収率だったら、1度外れた時点で終了だし、的中率にこだわりすぎず、リスクを減らしながら回収出来る方法が一番良いと思います。

ただ、これら分散型の買い方について共通する欠点があって、オッズが決まらないと資金調整ができないことですね

とにかくギリギリまでオッズを見ていられる人向けかもしれないです。

前日段階の予想オッズで資金配分を決めても、当日のオッズ次第では資金配分を変えなくちゃいけないわけですから。

そう考えると、公開予想の場合、やはり単勝一点買いが一番楽(多少オッズが動いても、必ず回収率は100%を超える)なのかなとは思います。

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top