競馬を副業にしたいなら、これだけは必ず守るべき

競馬を副業にしたいなら、これだけは必ず守るべき

今日は競馬を副業とする際に、必ず守るべき
ことをいくつかご紹介します。

何事もそうですが、人と違う道を歩みたければ

①理想とする人の真似をする
②今のままだと将来どうなるかを考え、補正する

言いたいことは同じです。

人の真似をすることに抵抗があるなら、今のままの
自分で将来幸せになれるのか、考えると良いでしょう。

馬券で負けて破産する未来が予測できているのに、
そこから目をそらし、好きな馬券を買い続けるのか。

僕はそんな境遇から立ち直った経験があるので、
そのことについて、書いていこうと思います(*^_^*)

多くの人が馬券で勝てない理由を教えます

馬券で勝つためにはある程度のお金が必要です。

明確にいくらと言うものではないけど、一年間
同じ種類の馬券を買い続けられるくらいの資金

持っておきましょう。

金額が少ないのであれば、レートを下げれば
いいだけの話しです。

例えば僕の場合、年間の重賞レースすべての単勝を
1000円ずつ購入することを前提で、予想してます。

JRAの平地重賞は約120程度なので、ざっと12万
あれば1年間、馬券を買い続けることが出来ます。

1年が終わった時、払い戻しがいくらだったのかを確認して
初めて収支を算出し、勝ち負けを判断すればよいのです。

ご存じのとおり、単勝馬券の控除率は約20%程度です。

つまり、大衆と同じ予想をしていれば、いずれ
80%の回収率
に落ち着くのです。

それを回避するためには、人と違った予想をする
必要がある
のですが、それをやってしまうと
ハズレが多くなるといったリスクが発生します。

人は何かを失うと精神的に追い込まれて行き、
冷静な判断ができないようになる生き物です。

最初は軍資金に余裕があったとしても、徐々に
減っていき、このレースを外せば破産!となれば
ほとんどの人が人気の馬を買うでしょう。

その結果、破産するわけです。

なぜ、こんなことが分かるのかと言えば、僕も
かつて、馬券で破産しかけた人間
だからです。

ざっと50万枚以上は負けました(^_^;)

毎週馬券を買うのは当たり前で、仕事帰りに銀行に
立ち寄ることも日常化。

負債が増えるにつれ、購入金額も増えていき、金銭
感覚も麻痺していきました。

そして日曜日の夕方必ず思うんです。

もう二度と競馬はやらない!!って

だけど翌日の通勤中には今週末の競馬のことで頭が
いっぱいになり、携帯でどんな馬が登録されている
のかを確認する始末。

その結果、1週間の大半を競馬にささげる日々で、
嫁との喧嘩も頻発しました。

いわゆる廃人ってやつです(^_^;)

他人からの手助けがなければ、きっと今頃馬券に
溺れていたのではないかと思います。

それくらい日常的に馬券を買うことはリスクの
あることです。

馬券で勝ちたければまず、破産しないことです。

破産というのは、全財産ではなく、自分の
生活に支障が出るレベルの金額です。

そうならないためにはきちんとした予想力を
身に付け、一貫した馬券の買い方を長く
続けること。

これができなければ、馬券で継続的に
勝つことは不可能!!

僕が高い授業料を出して学んだ結論です。

間違っても、毎回勝ちたい、毎月勝ちたいなどと
いった感情は持たないように
しましょう。

それが捨てられなければ、一生馬券で勝つのは
不可能だと断言できます。

毎回勝ちたい(負けたくない)と思う
   ↓
当てにいくため、人気馬に賭ける
   ↓
当たっても配当が低く、回収しきれない
   ↓
回収率は80%に落ちついていく
   ↓
   破産

多くの人が馬券で勝てない理由はここにあります。

勝つ確率の高い馬ではなく、期待値の高い馬を探す

一般論ですが、競馬で勝つ確率の高い馬は
オッズが低く、能力的に劣っているような
馬はオッズが高くなる傾向があります。

例えば先日行われた天皇賞(春) 2015の場合

1番人気はファンの多いキズナで単勝3.3倍
2番人気はG1、5勝のゴールドシップで単勝4.6倍
僕が本命に押したカレンミロティックは単勝30.5倍

となっていて、僕はこのレースは大荒れするのでは
ないかと予想していました。

それは人気の2頭に大きな死角があったからです。

キズナ(1番人気)の不安点は距離と脚質、展開面に
怪我の影響など。

ゴールドシップ(2番人気)はスタートが下手、後方
ポツン、加速力の悪さに瞬発力の低さ+苦手コース。

長距離G1でこれだけ人気馬に死角があれば、まず
この2頭で決まることはないと思ったし、下手を
すれば2頭とも馬券外かなとも思ってました。

結果的にゴールドシップが買ったわけだけど、
大切なのは結果ではなく、その過程(根拠)

例えばキズナの場合、単勝オッズ3.3倍なので、
約30%の確率で勝たないと回収率100%には
届きません。

ゴールドシップは約22%の勝率で回収率100%。

さらに利益分を加えるのであれば、それぞれの
勝率に5%分くらいの勝率を加えないとダメな
わけですね。

ちなみに本命にしたカレンミロティック(10番人気)
は、単勝30倍ですので、約3.3%の確率で勝てば
回収率100%です。

さて、ここで言いたいことは、この3頭の中で
どの馬が一番期待値が高いかと言うことです。
(他の馬はここでは無視)

キズナやゴールドシップが強いのは十分理解
しています。

展開によっては突き抜けるくらいの圧勝があっても
不思議はないでしょう。

だけど、先ほど挙げた不安要素とオッズを比較
すると、とてもじゃないけど、好んで買える馬
ではないんですよね。

競馬で勝つためには人気の馬をどれだけバッサリ
切れるか
が大きなポイントだと思っています。

そのためには人気馬の死角を見つけることです。

スタートはどうなのか
位置取りはどうなのか
折り合いはどうなのか
加速力はどうなのか
馬込みはどうなのか
など・・・

死角を見つけることが出来れば、その人気馬は
あなたにとって絶好のカモです。

他の人がせっせと人気馬を買っている中、
その馬を外した馬券がかえるのですから、
それはそれは有利になりますよね。

多くの人はこれに気づかず、当てることばかりを
喜びとし、せっせと目の前の人気馬にお金を
使っています。

競馬で本当に大切なのは当てることよりも、
勝つこと
だと、僕は思ってます。

結果的にお金が無くなれば競馬だって出来なく
なりますからね。

PS
競馬で一番大切なのは、オッズです。

勝率とオッズが分かれば競馬で勝てます。

オッズは目に見えているので、あと必要なのは
各馬の勝率です。

それが皆さんの予想力ですね。

もし、競馬のオッズが全頭同じ10倍で固定されて
いれば、1番人気を買い続けることが得策です。

それは1番人気の勝率が一番高いから。

オッズが同じなら、勝率が高い馬の方が利益は
とれます。

これは誰でも分かるでしょう、

だけど、そこにオッズが加わると、みんな勘違い
してしまうんですよね。

勝率が高い=オッズが低いなら、旨味はかき消されます。

これは紛れもない事実ですので、覚えておきましょう。

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top