フィーバーパワフル スペック・ボーダー・潜伏狙い・止め打ち考察【止め打ち追記】

フィーバーパワフル スペック・ボーダー・潜伏狙い考察

©三共・SANKYO

フィーバーパワフル スペック・ボーダー・潜伏狙い考察についての記事です!

これも懐かしの名機です(*^_^*)

昔登場したこのシリーズで、
『オールフルーツもしくはダブル7揃いで確変突入』
ってことだけ知ってて、ひたすらオールフルーツ
目指して養分打ちしまくってたのを思い出します(^_^;)

今作は甘デジでかなりマイルドな使用になっているから
仕事帰りのサラリーマン向けかもしれないですね!

★フィーバーパワフル

基本スペック

【タイプ】
・甘デジタイプ
【大当り確率】
・通常時:99.9
・確変時:12.0
【確変率】
・100%(ST8回転)
【突確率】
・ヘソ:0%・電チュー:0%
【潜伏率】
・ヘソ:0%・電チュー:0%
【時短】
・17or42or92回転
【小当り確率】
・なし
【賞球数】
・3&3&10&12
【大当たり中の入賞数】
・7C

大当たり振り分け

【ヘソ入賞時】
・15R確変:12.9%(電サポ100回)
・6R確変:48.5%(電サポ50回)
・4R通常:38.6%(電サポ25回)

【確変中】
・15R確変:14.9%(電サポ100回)
・6R確変:47.5%(電サポ50回)
・4R通常:37.6%(電サポ25回)

【大当たり出玉】
1R:約74玉
4R:約296玉
6R:約444玉
15R:約1110玉

ボーダーライン(1000円あたりの回転数)

4.0円:約17.9回転
3.5円:約18.8回転
3.0円:約19.9回転
2.5円:約21.6回転

※通常時2000回転
 時短増減なし
 持ち球比率65%
 大当たり出玉は上記参照

★潜伏狙いについて

潜伏は非搭載のため、ハイエナチャンスは無し!

★止め打ちについて

【2015.2.26 追記】

【電サポ開放パターン】
4回1セット

【電サポ中の止め打ち手順】
★初級者向け
①電チュー3回目が開いたら打ち出し停止
②電チュー4回目が開いたら打ち出し開始

★上級者向け
①電チュー4回目が開いたら2発打つ
②小デジタルが停止したら2発打つ
③電チュー2回目が開く直前に2発打つ
④電チュー3回目が開く直前に2発打つ

★大当たり中の打ち方について

盤面を見る限り、アタッカーが大きいのと
左右対称ゲージだから、右側に流せそうですね。

実際にやるとしたら

【簡易編】
①5個入賞したら打ち出しを止める。
②単発打ちで7個まで入賞させる。

【中級編】
①5個入賞したら打ち出しを止める。
②盤面一番上の中心釘(天釘)を狙って打ち、
左右からアタッカーに流す。

【上級編】
①アタッカーに6個入賞させる。
③左に2発打ってすぐ、右に2発打つ(捻る)。
(両サイドからアタッカーに向かう)

これらは海物語シリーズで
よく使われるやり方ですね。

台によってはひたすら右打ちした方が
出玉が多く取れたりもします。

実践したわけではないので、ご参考までに(^_^;)

Pocket



  • パチンコ用語集 分からない単語はここで解決!
  • パチンコで月3万円稼ぎたい方はこちらをどうぞ
  • ブログには書けない㊙情報を知りたい方はこちらをどうぞ
  • 僕が使ってる期待値計算に必須な便利サイトはこちら
  • 多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!

    サラリーマンのお小遣い稼ぎ


    ブログの記事が役に立ったら
    1日1回ポチット応援お願いします^^
    ↓↓↓
    にほんブログ村 小遣いブログへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    Top