30代になると仕事が辞めにくくなる理由

30代になると社会人としてのキャリアもそこそこ積むことになり、高卒で入社した人なんかは10年以上のベテランになってきます。

僕もそうですが、若いころ(新入社員の頃)なんかは学生気分が抜けなくて仕事になじめず、毎日辞めたいって思いながら嫌々仕事をしていました。

それがだんだん慣れてくると仕事の要領も分かってくるようになり、会社の中での地位も固まってきます。

そうすると会社の居心地がよくなちゃうんですよね。

後輩も入ってくるようになれば、今まで下っ端でさせられていた雑用もなくなるし、面倒な仕事は部下に振ればいいわけで。

つい最近までペコペコ頭を下げて教えてもらっていた年配の管理職も団塊世代の波に飲まれ定年を迎えれば自分の天下です。

実は僕もこの影響をモロに受けて、数年後は直属の上司がいなくなり、現在のポジションでは僕が一番上の存在になります。

おそらく現状から考えれば人員補充はすることなく、僕が後輩に指導しながら仕事を回していくことになるでしょう。

そうすると僕の中に

『大変だけど俺がやらなくちゃ』

といった、仕事のやりがいが生まれることになるんですよね。

そうすると

『俺がいなければダメだ』

って思うようになって、そのまま年齢を重ねていけば立派な会社員の出来上がりです(笑)

最近気が付いたんですけど、自分の中に

『仕事が楽しい』

って思う時間が増えてる気がします。

若い方からすれば

『仕事バカ』

と思われるかもしれませんが、時間の経過と共に人の感情は変化するもので、歳を重ねれば分かる日が来ると思います。

僕は人一倍仕事が嫌いでいつも辞めることばかり考えていました。

しかし、いつの間にかこう言った考えが自分の中に浸透してきたわけです。

もちろん意識なんてしていないし、気が付いたらこういった感情の変化に陥っていた感じですね。

こういった感情の変化は普通のサラリーマンであれば誰にでも湧いてくる、自然のもののようです。

それは先に書いた理由が大半を占め、会社の中に自分のポジションが生まれてくるからですね。

だから40代、50代になると新しい分野での挑戦はさらに困難になるわけです。

僕はちょうどその節目に当たる年齢だし、ましてや

『家庭との両立をしながら脱サラして家族を養う』

といった道を選択しようとしているのだから、険しい道であることは間違いないです。

だけど

『せっかくこの世に生を受けたのだから、一つくらい自分のきちんとした夢を叶えてみたい』

という想いは今でも持ち続けているし、挑戦は続けたいと思います。

僕と年齢の近い方々も気が付けば会社での居心地がよくなっていたり、若いころに持っていた

『仕事を辞めてやる』

って思いが無くなっていたりしませんか?

それは会社の中にあなたの居場所が確保され、居心地が良くなっている証で、その感情が進んでしまうと新しいことへのチャレンジが遅れてしまいます。

脱サラを進める気は全くありませんが、日々の生活の中で少しずつ目標に向かった歩みを進め、いつまでも夢を持って歩んでいきたいものですね。

Pocket



多忙なサラリーマンパパが片手間で副業!



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

2 Responses to “30代になると仕事が辞めにくくなる理由”

  1. クロロ より:

    私もさんパパさんと同様でいつもやめることばかり考えていましたが社内でも上の立場になってくると仕事を楽しいと思える瞬間も増えてきました。

    私の場合は余程条件のいいヘッドハンティングでもない限り定年まで会社をやめることはありえないです。
    逆にいうとさんパパさんのように夢とか脱サラしてまでやりたいことってないんですよね(^^;

    強いていえば年収1000万以上稼ぎたいです。
    その為にブログを勉強してハイエナ稼働して仕事を頑張っています。現状では仕事を辞めるとその実現が難しくなるし仕事だけ頑張っても1000万には届かないから全部頑張ってる感じです。

    • さんパパ より:

      >クロロさん

      会社員で年収1000万稼ぐとなれば、就職の段階で結構差が付いちゃってますよね。

      僕もこのままの状況であればかなり厳しいかなって感じですし(^_^;)

      仕事をつづけながらブログとスロで稼ぐ方法って個人的には一番手堅い状況だと分かっているんですが、気持ちは脱サラまっしぐらです(笑)。

      仕事の合間を使て稼ぐことの厳しさは身にしみてわかっていますし、それを実現しようとすることはすごいと思いますよ。

      お互い今は夢半ばという感じですが、5,10年先にどういった人生を歩んでいるのか楽しみですね(^^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top