せどりを始めるためにかかった初期投資はいくら?

せどり風神2

一昨日、仕入れたものを発送するため、段ボールを購入したのですがまだ届いていません。

届き次第、本を梱包し発送しようと思うので、その時の状況はまた、ブログでお伝えしたいと思います。

さて、今日はせどりを始めてからこれまでにかかった経費をまとめてみようと思います。

★せどり初期投資費用

①せどり風神利用料:9,800
②バーコードリーダー購入費:29,800

合計:39,600円

最初にかかる費用はこれだけですね。

他にせど楽チェッカーやアマゾン大口契約といったものもありましたが、最初は無料だったりするので、とりあえずこれだけあれば仕入れができる状態です。

最悪、バーコードリーダーは無くても仕入れができるんですが、その場合、1冊1冊のバーコードを手入力するしかないので、時間効率が激悪になります(他に効率のいいやり方があるのかは知らないです(^_^;))

なので、本格的にせどりをやってみようって人は買った方がいいのかなと、個人的には思います。

いまだと、1月中の期間限定でせどり風神が無料のキャンペーンをやっているので、無料でせどりの体験ができたりもします。

もっとも、いきなり登録してもよく分からず終わってしまうと思いますが(^^ゞ

興味がある方がいれば、一番下にリンクを貼っておくので説明を読んでみるといいと思います。

もっとも、ちゃんと流を見極めてからやらないと、何が何だかわからないうちに無料期間が終わってしまいますので、気を付けてください(^_^.)

もちろんお金はかからないので、ご安心を(*^_^*)

次にせどりを続けていくうえで、毎月かかってくる費用ですが

★せどり経費

①せどり風神利用料:13,800(実質10,800)
②アマゾン大口契約料:4,900(初回3ヶ月無料)
③せど楽チェッカー利用料:初月13,000(実質3,000)、2ヶ月目以降3,000

合計:21,700円

こんな感じかな。

僕が始めたせどりはせどり風神とバーコードリーダーを使った最もオーソドックスな方法ですので、だいたいの方は同じだと思います。

せどりを始めるための諸経費が約4万円、その後の維持費が約2万円、これに仕入れ費用や梱包用の段ボール、出品費用(本だと1冊120円かな)がかかってくる感じです。

さっきも書いたけど、バーコードリーダーを買わなければその分の費用も削れるし、せど楽チェッカーは最初、無理に契約しなくてもいいかも知れないです。

僕はほとんど使っていませんので(^_^;)

とりあえず風神とバーコードリーダーを使って仕入れに慣れることが先決かなと思います。

今後、毎月の経費として約2万かかってくわけだから、最低でもこれだけの見込利益を確保できる稼働時間がなければ、せどりをやるのはお勧めしないですね。

実際にやってみて思うけど、せどりは稼働してなんぼの世界だから、何もしなければ経費分のマイナスが増えていくだけです。

僕みたいに(笑)

一応の目安として10万あればせどりを始めることはできると思うけど、あまり資金がカツカツでやるのも心もとないと思うから、20万くらいの元手で余裕を見ておいた方がいいんじゃないかな?

最初から家電とかをガンガン仕入れるって人は別だけど、たぶん始めの頃は仕入れも失敗するだろうから、高額商品の仕入れは慣れてきてからでいいと思うし。

ド素人の僕でも、108円の本(ブックオフ)だけでも見込時給2000円くらいはいけてますからね。

セールなんかやってれば、仕入れにほとんどお金もかからないですので、あまり気にする心配もないと思います。

僕の稼働日記を見てもらえば分かると思うけど、結構グダグダな稼働ばっかりです。

それでも時給2000円ベースは出ているわけで、月に10時間で経費分がペイできて、30時間も稼働できれば十分利益が見込めるのではと思います。

とりあえずはさっさと出品して、この先のことも報告していきたいです!(^^)!

あ、それと風神の無料キャンペーンでしたね。

分からないことがあれば聞いてもらえれば、分かる範囲でお答えしますが、難しいことはお答えできないかもしれません(^_^;)(笑)

せどり風神無料登録ページ

Pocket



  • せどり副業講座 収入源のリスクヘッジを学ぶ!
  • せどり稼働日記
  • せどり収支データ
  • あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



    ブログの記事が役に立ったら
    1日1回ポチット応援お願いします^^
    ↓↓↓
    にほんブログ村 小遣いブログへ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ

    Top