青葉賞、天皇賞(春) 2014 結果・回顧

青葉賞 2014 G2
東京 11R 芝左2400m 15:45

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 単オッズ 単人気

1 11 ショウナンラグーン 牡3 56 吉田豊 53.1 (10)
2 2 ワールドインパクト 牡3 56 シュタルケ 2.6 (1)
3 13 ヤマノウィザード 牡3 56 戸崎圭 10 (4)
4 10 ゴールドアクター 牡3 56 石橋脩 22.5 (7)
5 6 ピオネロ 牡3 56 蛯名 13.2 (5)
6 3 マイネルフロスト 牡3 56 柴田大 6.5 (3)
7 16 エイシンエルヴィン 牡3 56 秋山 50.5 (9)
8 9 ウインマーレライ 牡3 56 松岡 77.6 (13)
9 15 マテンロウボス 牡3 56 松田 246.6 (16)
10 7 ファーガソン 牡3 56 武士沢 68.6 (12)
11 5 ラングレー 牡3 56 北村宏 3.2 (2)
12 8 ナンヨーマーク 牡3 56 柴田善 179.4 (15)
13 17 シャンパーニュ 牡3 56 内田博 36.1 (8)
14 4 テオドリーコ 牡3 56 田辺 176.5 (14)
15 12 ナスノアオバ 牡3 56 三浦 57 (11)
16 1 タイセイクルーズ 牡3 56 田中勝 355.7 (17)
17 18 アドミラルシップ 牡3 56 横山典 18.6 (6)
18 14 ケンブリッジベスト 牡3 56 大庭 549.5 (18)


【本命馬成績】◎02 ワールドインパクト 2着 収支-1000 回収率0%
勝ったと思ったんですけどね。

いつもの負けパターンでした。

もう少しどっしり構えた方がいいのかな。


天皇賞(春) 2014 G2
京都 11R 芝 右外3200m 15:40

着順 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 単オッズ 単人気

1 7 フェノーメノ 牡5 58 蛯名 11.5 (4)
2 12 ウインバリアシオン 牡6 58 武幸四郎 6.5 (3)
3 6 ホッコーブレーヴ 牡6 58 田辺 101.5 (12)
4 14 キズナ 牡4 58 武豊 1.7 (1)
5 9 タニノエポレット 牡7 58 和田 169.4 (13)
6 10 フェイムゲーム 牡4 58 北村宏 91.7 (11)
7 8 ゴールドシップ 牡5 58 ウィリアム 4.3 (2)
8 3 サトノノブレス 牡4 58 浜中 36.9 (6)
9 11 ラストインパクト 牡4 58 川田 53.5 (7)
10 4 サイレントメロディ 牡7 58 池添 283.1 (18)
11 2 アドマイヤフライト 牡5 58 福永 58.3 (8)
12 13 オーシャンブルー 牡6 58 藤田 179.2 (14)
13 15 アドマイヤラクティ 牡6 58 四位 88.5 (10)
14 5 レッドカドー セ8 58 モッセ 87.2 (9)
15 17 ヒットザターゲット 牡6 58 北村友 206.5 (16)
16 16 ジャガーメイル 牡10 58 石橋脩 279.2 (17)
17 18 デスペラード 牡6 58 横山典 27.4 (5)
18 1 アスカクリチャン 牡7 58 秋山 201.1 (15)

【本命馬成績】◎14 キズナ 4着 収支-1000 回収率0%
勝ち馬を4頭にまで絞り、その中から勝ち馬が出たにもかかわらず外した天皇賞。

勝ったフェノーメノは蛯名騎手が内で我慢しつつ直線スムーズに追い出して上手かったですね。

前走は明らかに体調が影響していたけどよくここまで仕上げたなって思います。

事前予想で『軽視は禁物』なんて書いといて、結果的に軽視する格好になってしまいました。

3番手評価だったしウインバリアシオンに勝つことはないだろうと思っていただけに完敗です。

そのウインバリアシオンは着差が着差だけに、悔しい敗戦でしたね。

個人的に最後の勝負の明暗を分けたのは、この馬の鞍上がコロコロ変わる部分に由来しているように思いました。

幸四郎騎手は特に悪い騎乗ではなかったと思うし、むしろテン乗りにしては、完璧だったのでは?

それでも最後の着差をみれば、道中の位置取りや仕掛けどころの微妙なタイミングはテン乗りでは把握しきれないでしょうからね。

フェノーメノとは実力差はないのは実証したし、今回は通ったレーンの差(距離ロス)の分だけ伸びきれなかっただけでしょう。

勝つならここかなって思ってただけに、有力視していたんですが残念でした。

宝塚記念では距離が戻るキズナやジャスタウェイも出てくるんで、厳しい戦いになりそうです。

そして本命にしたキズナ。

いつも通りの競馬を貫き負けました。

僕は直線、あそこから伸びると思っていたんで伸び悩んだ時点で完敗です。

ゴールドシップが後ろについて目の前がウインバリアシオンだった時点で早々に勝利を確信したし、安心してみていたんですが…。

4コーナーでウインバリアシオンに置いていかれた時に『あれ?』って思ったら、やはりいつもの加速は見られず。

血統は関係ない、キズナは別次元の馬と思っていた自分の希望的思考がくだらない妄想と現実を突きつけられた瞬間でした。

特に言い訳もなく、感情で予想をしてしまい、すみませんの一言。

ゴールドシップはあえて書きませんでしたが、もともと出の遅い馬。

前走の阪神大賞典もスタートは出遅れてるんですよね。

まさかこんなに出遅れるとは思いませんでしたが・・・。

一度ああいった事が起こってしまうとペルーサやルーラーシップみたいに癖になっちゃうこともあるんで次走は様子を見たほうがいいかも。

個人的にはこれから先、この馬を本命にすることはないと思います。

反省しか残らない天皇賞でしたが、キズナが敗れた今、個人的に応援したい馬はいなくなったし、来週からはきちんと客観的思考で予想をしていきたいと思います。


2014年 競馬予想結果
単勝投資 45000 回収 56700 収支 11700 回収率 126.0 的中率 17.8

Pocket



★中央競馬 過去の無料予想結果★
2014年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2014年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2015年競馬 無料予想結果
単勝投資 60000 回収 77400 収支 17400 回収率 129.0 的中率 15.0
2015年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ
2016年競馬 無料予想結果
総合投資 17000 回収 13500 収支 -3500 回収率 79.4 的中率 17.6
2016年 中央競馬 重賞 公開予想 結果まとめ

あなたを成功へと導く人生逆転物語はこちら↓



ブログの記事が役に立ったら
1日1回ポチット応援お願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top